1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

tatsubo1208さん

●昨今急増している「加熱式タバコ」

アイコス(IQOS)やプルーム・テック(Ploom TECH)、グロー(glo)といった加熱式タバコ

●日本で加熱式たばこ流行にあるのが「アイコスの登場」

日本で加熱式たばこのブームが起こるきっかけとなったのは、PMIが開発した「アイコス」の登場

2016年に全国販売されてから急激に販売数を伸ばし、2018年6月にはユーザー数が500万人を突破

●このブームを受け、各行政機関は条例を定めた

東京都は7月、紙巻きたばこと加熱式たばこを区分し、加熱式たばこの規制を一部緩和する条例を定めた。

加熱式たばこを巡る議論は日本だけでなく世界にも広がっており、各国でその扱いや規制のあり方が話し合われている。

▼果たして、加熱式タバコの健康への害が低いのは本当なのか

●有害物質が大幅低減と言われている加熱式タバコ

加熱式たばこは煙が出ないため副流煙による受動喫煙のリスクがなく、

●しかし、その証拠はないという専門家もいる

電子的にニコチンを供給するシステム間違いなく健康に有害であり、従来の紙巻きタバコに比べて有益という証拠はない

と専門家は述べている

紙巻きタバコを1日20本吸う喫煙者がそれを1日5本の1/4の量に減らしても、リスクはごくわずかしか減らないことはよく知られている

受動喫煙についても同じだ。吸わされるタバコ煙が少なくなっても、害が正比例で下がるわけではない。

●健康へのリスクが下がるわけではない

タバコ煙には、これくらいなら大丈夫という閾値はなく、たとえ1本でも健康へのリスクがある。

加熱式タバコの有害物質が少なくなっていても、健康へのリスクが下がるわけではない

●健康へ害を及ぼすという研究も最近になって増えている

1 2