1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

うざい人はどこにでもいますね。うざい人が職場内で上司であれば、接触を避けることは困難です。うざい上司の特徴を知って適切な対処法を身に着けましょう。

うざい人の特徴8つ

うざい人の特徴


人の話は聞かず、自分の話ばかりする

「うざい人」の特徴は、その話し方や話の内容にもっともよく現れます。

まずは、「人の話は聞かず、自分の話ばかりする」という特徴です。

うざい人は、自己中心的なところがあるので、相手が話をしていても、それが興味のない内容だと、耳を傾けようとしません。

いいかげんに聞き流し、「ところでさ」と、自分のことを話しだすことが大変に多いのです。そして、自分の話を延々とする傾向があります。

内容は主に自慢話ですから、聞いていておもしろいものではありません。

聞き飽きた相手がうんざりした顔をしようが、一切おかまいなし。自分が満足するまで、平気で話を続けます。

時にはつらく悲しい身の上話をすることもありますが、それも「こんなかわいそうな私に同情して」という気持ちで話すのです。

これ以上「うざい」ことはないものでしょう。

職場にいる「うざい人」あるある6つ【後編】

メールをチェックしながら「うわ、マジかよ」と言ってみたり、スマホの画面を見ながら突然笑いだしたりする同僚。明らかに「え? なになに、どうしたの?」と聞いてもらいたいがために、無駄に独り言を連発するのです。
みんながそれを分かっているので無視していると、独り言がどんどんエスカレート。最終的に誰かが構ってあげなければならない羽目に。

明らかに嘘の病欠をしょっちゅうする
飲みすぎて二日酔いでベッドから出られないので会社に来れないだけなのに、明らかに嘘の病欠連絡をしょっちゅうしてくる人。
もう社内の人たちもみんなその人がいつも嘘をついていると知っているので「大丈夫?」なんて優しい声をかけなくなるのだけれど、自分からわざわざ「いやあ、昨日は本当に嘔吐が止まらなくてさ」などと、聞きたくもない情報をお知らせしてくるのです。

うざい人の特徴&あるある30選!上手な付き合い方と対処法とは?

特徴①:執着心が強い
うざい人は、とにかく何をするにもしつこいのが特徴です。
会話では、同じことを何度もクドクド言うことがあげられます。

自分をわかってほしい、自分の考えが正しいと思っているため、何度も同じことを言ってくるのです。
また、相手が嫌がっているのにもかかわらず、何度もアプローチしたり、追いかけまわしたりする、ストーカー的な部分もみられるのです。

特徴②:自信満々
自分に自信がありすぎる人もうざいと思われます。
自分のことしか見えていないため、周りの評価が見えていません。

自分が思うほど人からの評価がされていないことも多く、それでも自分のことが一番だと思い込んでいます。
そして、痛い自慢をし続けることになるのです。

特徴③:わがままな自己中
人のことなど省みず、常に自分のペースを保つのがうざい人です。

例えば、自分の意見を押し通したり、それが受け入れらなかったりすると、突然機嫌が悪くなったりします。
また、自身が身勝手な行動をしていることなどわかっていない**ため、周りの人が振り回される**ことになるのです。

職場の【嫌い・苦手・合わない・うざい人】の特徴…どう対処する?

職場で嫌われる人の特徴


○相手によって態度が違う人


ある人とは親し気に話す、仕事も快く引き受けるのに、ある人には冷たい態度をとる、仕事を頼まれると嫌そうな顔をする、など。



人によって態度を変える人は、嫌われるようです。



確かに、同期の社員同士なら気兼ねなく会話や相談ができますが、上司や先輩・後輩には気を遣ってしまうもの。



その程度の態度の違い(接し方の違い)くらいなら、理解されるかもしれません。



しかし、上下関係などに関係なく、個人的な好き嫌いの感情によって態度を変える人は、多くの人に悪い印象を与えてしまいます

職場のうざい人を黙らせる対処法|戦わずにスルリとすり抜けよう

職場の上司・同僚に多い「うざい人を黙らせる対処法」

毎日、イヤでも出勤しなければいけない職場。

その閉ざされた空間に、うざい上司やうざい同僚がいたら、憂うつな気持ちになりますよね。



イラついた気持ちが、すぐに表情や態度に出てしまう人は、更なる攻撃を受けるかもしれませんし、何も言えずにモゾモゾしてしまう人は、相手をつけ上がらせることになってしまいます。



「もう、こんな会社辞めてやる!」と思いつつも、心の中では、さまざまな葛藤がくり広げられることでしょう。

転職するのは面倒だし、できれば波風立てずに平和な毎日を取りもどしたいですよね。



そこで今回は、「戦わずに、うざい人を黙らせる対処法」をご紹介します。

いわば、「戦わずして勝つ方法」です。



うざい人も、イラつく人も、スルリとすり抜けて、平和を取りもどしましょう!

職場にいる「うざい人」あるある5つ【前編】

いちいち他人のお昼休憩やトイレ休憩の長さをチェックしていて、「ちょっと休憩長くない?」なんてイヤミを言ってくる人。自分はデスクに座って真面目に仕事をしているからこそ知っている……的な感じで文句を言ってくるのだけれど、普通自分の仕事に集中していたら他の人が何をしているとか気にしないはずですよね。誰かが席を立つたびに時計をチェックして、何分休憩に行ったか確認しているなんて集中力なさすぎだろと突っ込みたくなります。

上司に他の人が仕事中にやっていたことをチクる
会社によっては、お昼休憩をゆっくりとれない場合に、小休憩を挟むことが許されている場合もあると思います。その小休憩中に好きなサイトを見ながら10分ほどお茶をのんだりおやつを食べたりすることもありますよね。しかしこれをよく思っていないうざい同僚が上司に「○○さん、仕事中に旅行会社のサイト見てましたよ」などと告げ口をしたりするのです。しかしいちいちそういう告げ口をする人に限って対して仕事ができない人だったりするんですよね。

あなたの周りに相手にするのが面倒なうざい人はいませんか?うざい人にはどのように接したらいいのかを教えましょう

うざい人はどこにでもいますね。
特に職場にうざい人がいて仕事で関わりがある場合は本当に疲れてしまいます。
できれば関わりたくないのですが、仕事でどうしても接する機会があるときはある程度対処方法を覚えておく必要があります。
奪い人の特徴・心理、対処方法までを詳しく解説します。

うざいとは

「うざい」という言葉は俗語で若者を中心に使われていた言葉が広まったものです。
語源としては「うざったい」の短縮形と考えられます。
「うざい」はもともと東京都内の一部地域の方言だったらしく、江戸時代の「うざうざ」という言葉が語源のようです。
「うざうざ」はつまらないものがたくさん集まっている様子を表し、そこからつまらないことをくどくど言うという意味になりました。
また、うざったいには、細かくて煩わしい、くどくどとうるさいといった意味があります。
「うざい」も同じような意味で、煩わしい、面倒だ、うっとおしいという意味で使われています。
「うざい人」は相手をするのが面倒な人、うっとおしい人という意味になります。

うざい人「キク~ッ」対処法!行動パターンを知ってブロック!

うざい人にはある共通の行動パターンがあります。それをまとめて表現するなら、「自分勝手」という言葉がピッタリでしょう。

うざい人ほど周りに合わせることなく、我が道を貫くタイプばかりです。何をしても自分中心であることから、周りとの波長を見出し、嫌われる存在になってしまうのです。

もしかしたら、あなたも気づかないうちに、うざい人になってしまっているかもしれません。自分がどんな存在か確かめるためにも、うざい人の行動パターンをまずはチェックしていきましょう。

自分の話ししかしない
自分の話ししかしない
うざい人に共通する行動パターンとして、自分の話ししかしない、ということがあります。

みんなで楽しくおしゃべりをしているのに、とっとと話題を切り上げて自分の話題へと強引に持ち込んでしまうことが多い為、周囲の人からうざいと感じられてしまいます。

他人の話はお構いなしで自分の話を貫き、周囲がうんざりした顔をしていても気にすることなく話を続けてしまうのです。

職場のタイプ別うざい人間への対処法をまとめる

どの職場にも出現する
どの職場にも必ず1人はうざい奴が出現します。
うざい奴の出現確率は100%です。

楽園のような職場にも、突如としてうざい奴は現れます。

全てのうざい奴の手中から逃れることは不可能です。
うざい奴から逃れ、逃れても、奴らは自然発生的に登場します。

注意
うざい奴は必ず出現する


覚悟を決める
うざい奴からの逃避行は不可能です。
「逃げるより対峙」の方がコスパがいいです。

どこへ逃げてもうざい奴は登場しますからね。

逃れることが無理なら、いっそ覚悟を決めましょう。
うざい奴の傾向と対策から対処法を練ります。

うざい奴から受けるストレスを最小限に抑える策を考えます。

策を練り、罠に嵌め、うざい奴を懲らしめます。
勧善懲悪です。

コイツさえいなければ……と感じる職場のウザい人の特徴4つ

仕事をしない
・「誰かがやればいいと思っていて仕事をしない人」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など)

・「典型的なオバサン。大事な仕事は後回し、判断を求めても「何でもいいよ」「それでいいんじゃない」など親身にならない」(31歳/その他/事務系専門職)

・「全く仕事をしないで、周囲に迷惑をかける人。いるだけでイライラする」(33歳/不動産 /専門職)

自分の仕事なのに人に押し付ける人がウザいという声です。押し付けられるほうは仕事量が増えるし、それでもお給料が増えるわけではありませんから、腹も立ちます。こういう先輩がいると押し付けられても断れないので困りますね。https://woman.mynavi.jp/article/160817-32/

最強にうざい同僚の10コの特徴と明日からすぐに使える3つの対処法

うざい同僚や上司がいる人は必見
同僚のあの人がいつもウザい…

職場や学校などのコミュニティには、さまざまな個性や感性を持った人が集まります。真面目な人がいれば、適当な人もいるでしょう。そして、その中にうざい同僚もしっかり交じっているのです。
また、人によって好き/嫌い、合う/合わないは必ずあるため、どうしても相手のことをうざいと思ってしまいますし、反対にうざいと思われてしまうのです。

ストレスの原因になって業務効率に悪影響を及ぼすことも
うざい上司や同僚と仕事をすることは、シンプルに大きなストレスに繋がります。イライラしながら仕事をしたのでは、高いパフォーマンスを出すことができず、仕事も楽しくなくなってしまいます。

あー! もうムリ!! 職場にいる関わりたくない人たち

責任感って、なんですか?
仕事のミスを指摘すると、「えーわからないですー」「(資料は)読んでませんー」「わからないからー、できませーん」。わからない、やってない、できないじゃなくて、やるのが仕事!!(ゆん)
年上の男性社員ですが、体調不良で休んだ翌日、決まってお酒臭い。自分に都合が悪いことがあると休むし、「すみません」の一言もない。他人のミスには厳しいが、自分のミスは、知らんぷり (もんちゃん)
上司がいるときは仕事をするけど、不在だとスマホでゲームをしている (あーい)
仕事ができないくせに、なんでもかんでも首を突っ込み、 最終的に「関係ないんで~」と責任放棄をする女。 もう少し身の丈をわかってほしい(ゆたんぽ)
あなたの口が…「災い」です
1日中独り言ばかりの同僚。驚いたのが、パニック状態で「ひっちゃかめっちゃか」と言いながら阿波踊り、鳩の鳴きまね「くっくー」、猫みたいな「にゃ!」 (kyo)
ある同僚に嫌われているのはわかっていたけど、先日「昔は苦手な人に触っただけでじんましんが出たけど、あなたはそこまでじゃない」と言われた。それでも、ご飯を一緒に食べようとするから面倒…(そら)

職場でうざい人のこんな特徴!!嫌われる前にぜひ改善しよう!!!

口調が攻撃的で、口を開けば『でも、だって』などの否定から入る
これはかなり正確的な問題が起因するものですが、人に対して常に攻撃的な強目の口調だったり、人の意見に対し『でも、だって』などの否定から入る人は、孤立しやすい傾向にあります。


普通に考えて、そんな人に近づきたい人はいないですよね。

やはり強い口調や否定を向けられて、いい気持ちの人はいないはずです。

誰だって自分を否定する人間に対しては、良い印象を持てないのは当たり前です。


ただ、こんな事想像すりゃ誰だってわかりそうなのに、なんで攻撃的で否定的な言動を取ってしまうのか?


もちろん性格が関係している部分もありますが、それ以上に人に負けたくないって気持ちや、優越感を感じたい!など、他人に対してマウントポジションを取りたいんです。

職場に「苦手な人」がいる時に。ストレスを感じないための4つの心得

年度初めの4月は新しい組織体制が組まれる時期。部署やチームのメンバーが入れ替わり、「苦手なタイプの人と一緒になってしまった…」と、憂うつになっている人もいるのでは。あるいは、新しく担当になった取引先の人物が苦手なタイプで、不安を感じている人もいるかもしれません。

今回は、職場で「苦手」「嫌い」と感じる人とどのように向き合うかについて、セルフコーチングコンサルタントの早川優子さんにアドバイスをいただきました。

早川さんが言うには、「相手の言動が気になってしまうのは、相手にコミュニケーションの主導権を握られている状態といえます。そうならないためには、自分の意思を持って相手とのコミュニケーションの仕方を変えましょう」とのこと。早川さんがお勧めする方法をご紹介します。

うざい人に共通する特徴7つ。上手な対処法&付き合い方を大公開!

相手に対して深く興味を抱いているために、良かれと思って、どうしても干渉しすぎてしまうのがうざい性格の持ち主。

本人に悪気は全くない場合もあり、ただ自分のことをアピールしたいだけであったり、関心を持って欲しいと思っているだけだったりします。

ここからは、うざい人と言われてしまう人の心理を紹介していきます。


心理1. 自分がうざがられるとは微塵も思っていない
うざい人はとにかく、自分の気持ちを最優先に考えています。

相手がどう思っているかなんて、全く興味がないし、まず気づくことができません。話を聞いてもらえなくても、「今日は忙しかったのかな」なんて、自分にとってプラスの方向に物事を考えてしまうのです。

相手の顔色や表情で、気持ちを汲み取ることもできないので、うざがられているということに、自分から気づくことは絶対にありえません。


心理2. 相手に構ってほしくてちょっかいを出している
小学生の男の子と同じ心理とも言えるでしょう。気になるから構って欲しいし、相手にして欲しいと感じています。

1