1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これは怖い…自転車に対しての「あおり運転」もめちゃ増えてた

自転車への「あおり運転」が怖い。。。

更新日: 2019年08月09日

14 お気に入り 125666 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼交通事故に繋がる悪質で危険な「あおり運転」

「あおり運転」等は、重大な交通事故につながる悪質・危険な行為

▼なぜ「あおり運転」を起こしてしまうのだろうか?

「やられたんだから、やり返せ」と思ってしまう。気がつくと、取り返しのつかない事態になっている…こうしたコントロール困難な「怒り」こそが、相次ぐ危険運転やあおり運転の直接的な原因

▼車対車のイメージがありますが最近は自転車へも増えている

あおり運転といえば、一般的に車対車、もしくは車対バイクのイメージが強いですが、自転車に対して行われる場合もある

▼怖い思いをした人もこんなにたくさん…

初めて煽り運転された 車道と歩道の間しっかり走ってたらずっと真横に付けられて「自転車は歩道走らんかい!!」って怒鳴られた

チャリ乗ってたら車に超至近距離まで近づかれれてめっちゃ煽られた くっそ危なかった 事故寸前 やめて欲しい 心臓幾つあっても足りん

やべぇ今月だけでチャリ乗ってるときに二回も車に煽られた

チャリでバイトから帰りよったら、曲がり角からミラーも見らず、一時停止のラインがあるにも関わらずスピード落とさず走ってきた青い車に轢かれそうになった。去り際にクラクションプププッて鳴らされ煽られた。ダサいから死んでもああいう大人にはなりたくない☺️

怖かった ワーゲンに煽られた自転車対車じゃ勝ち目ないわ

▼車が来たと感じたら、すぐに横道にでも避けるのが良さそう

あおりを仕掛けてきた人はイライラしている場合が多いので、
やり返すようなことはせず、先に譲るのが最善策の撃退法です。

意識が後ろの車ばかりに集中して前方の安全確認が疎かになってしまえば第三者をも巻き込んだ事故を招いてしまうかもしれません

1 2