1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『シン・ウルトラマン』からYouTuberまで!「斎藤工」が大活躍な件

ドラマ『昼顔』で一躍ブレイクした斎藤工。「セクシー俳優」イメージに苦しんだ時期もあったが、再ブレイク。活動は多岐にわたり、映画監督として国内外で評価されているほか、今年はYouTuberデビュー&読売新聞の“特別記者”に就任。映画『シン・ウルトラマン』の主役にも抜擢された。

更新日: 2019年08月11日

4 お気に入り 12266 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『昼顔』でブレイク 当時「セクシー俳優」と呼ばれていた斎藤工

『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(2014)

斎藤工と上戸彩

ドラマ『昼顔』(フジテレビ系)出演から一躍ブレイク。すっかり“セクシー”イメージが定着している斎藤工。

33歳で演じた「昼顔」は平均視聴率13.9%をたたき出し、その年のドラマの中ではキムタク主演の「HERO」に次ぐ2位となり、「昼顔」という言葉はその年の流行語大賞にまでノミネートされました。

「セクシー俳優」と呼ばれるようになり、行く先々で黄色い声援を浴び、ドラマに映画、グラビア、CMにバラエティーと引っ張りだこになった。

◆しかしその後、本人はネガティブ発言を連発

『さんまのまんま』(2015)

斎藤工が美容雑誌『VOCE』の「THE BEST BEAUTY OF THE YEAR」を受賞。受賞の喜びを聞かれた斎藤は「ベースは路地裏の住人なので、来年は間違いなくこういった場所に呼ばれない」と、ネガティブ発言を炸裂させた。

2015年

2015年、「さんまのまんま」に出演した際には、「僕、今セクシー俳優みたいな冠ついちゃって、居心地悪くて仕方ないんですよ」「どこ行っても壁ドンしてくださいって言われて。一発芸がヒットした来年消える芸人みたい」と語っており。

多くの女性ファンから黄色い声援を浴びていた斎藤だが、「(黄色い声援を)信じてしまったら過信して滅びる」と言い、自身のブームについては「もう去りましたね」とネガティブ発言を連発。

◆そんな中、『笑ってはいけない』で再ブレイク 主演&CMも増加

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない科学博士24時』(2016)

斎藤工

サンシャイン池崎の完コピを斎藤工が披露したのが、2016年の年越し特別番組「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」です。 それをきっかけに斎藤工は再ブレイクを果たし、人気沸騰となったのです。

主な出演作に『去年の冬、きみと別れ』『のみとり侍』(18)、日仏シンガポール合作『家族のレシピ』(主演)、日露合作『ソローキンの見た桜』、『麻雀放浪記2020』(主演)、『Dinner ダイナー』、『MANRIKI』(企画、プロデュース、主演)(19)などがある。

テレビ番組・CMのリサーチを行うエム・データは、「2019年上半期テレビCM放送回数ランキング」を発表。6位 斎藤工 4784回 7万3635秒。

◆一方で映画監督としても活躍 世界的に評価されている

斎藤工(監督時は「齊藤工」名義)

俳優業と並行して映画監督としても活動し、ミュージックドラマ「半分ノ世界」(14)は15年の国際エミー賞デジタル部門にノミネートされた。

日本のコンプライアンスをテーマにした映像作品『COMPLY+-ANCE』を製作するなど意欲的に映像制作に携わっている。

2020年公開

◆そんな斎藤が『シン・ウルトラマン』の主役に抜擢

「ウルトラマン」の歴史が動く、すべての人に贈るエンターテイメント『シン・ウルトラマン』製作決定! m-78.jp/news/post-5190/ pic.twitter.com/T0fQQhcvHI

1966年に誕生した特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現代社会に登場させる映画『シン・ウルトラマン』が2021年に公開される。

主要キャストとして、主人公の“ウルトラマンになる男”を斎藤工が演じる。そんな主人公の相棒に長澤まさみが扮し、西島秀俊もキャストに名を連ねる。

企画・脚本を庵野秀明氏、監督を樋口真嗣氏が務め、『シン・ゴジラ』(2016)を大ヒットに導いた盟友タッグが再び手を組んだ。

・斎藤も興奮のコメントを出した

「私に大役の白羽の矢が立った事以上に、この壮大なプロジェクト及び手にした脚本に至極興奮致しました。」

1 2