1. まとめトップ

就活をするなら調剤薬局がおすすめ!

就活難が叫ばれる昨今、理想の職場に勤めることは容易でありません。そこでおすすめしたいのが、調剤薬局です。調剤薬局に就職するメリットや特徴を、ご紹介します。

更新日: 2019年08月03日

2 お気に入り 3842 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

f3erxjm2さん

調剤薬局の仕事内容

多くの人が普段なにげなく利用している薬局ですが、詳しい仕事内容についてはあまり知られていないかもしれません。
まずは具体的な仕事内容について、知っていきましょう。

調剤薬局での仕事としてよく知られているものに「調剤」があります。これは、医師が発行した処方箋を確認して、患者に必要な薬を作る仕事です。単純に処方箋どおりの薬を調剤するだけでなく、患者の症状に対してどのような処方がされているのかを確認し、処方ミスがないかどうかについてもチェックします。

患者に適切な服薬方法を説明する「服薬指導」や、患者の薬歴を管理する「薬歴管理」などの仕事も行います。

●薬剤師・・・調剤業務・服薬指導・薬歴管理
●受付・・・来院者の受付・案内・電話対応
●調剤薬局事務・・・予約管理・会計業務・データ入力・診療報酬請求

上記は主な業務であり、詳細は薬局によって異なります。

調剤薬局で働くには

利用者の健康を左右する責任重大な職場だけに、一般的なアルバイトのように簡単になることはできません。
調剤薬局で働くための、代表的な方法をまとめました。

■薬剤師として働く

薬剤師になるには、薬剤師国家試験に合格して免許を取得する必要があります。

原則として、薬剤師国家試験を受けることができるのは、6年生学部・学科を卒業したものとされています。4年制学部・学科の卒業生が国家試験の受験資格を得るためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

絶対に調剤を経験しましょう。

ドラッグに行きたいのであれば、調剤併設しているドラッグで

まず3年程度は調剤の経験を積みましょう。

これがあるかないかで大きく今後の人生が変わってきます

■受付として働く

■事務として働く

調剤薬局事務として働くときに、特別な資格は必要ありません。実際、私もクリニックでの医療事務の経験と資格はありますが、調剤薬局事務の資格は持っていませんでした。

ただ、実際働き始めたときに、何も知らないよりは少しでも知識があった方が断然心に余裕を持つことができると思います。

就活で調剤薬局がおすすめされる理由

タイトルの通り、調剤薬局は就活先として注目されています。
主には、以下のような理由が伴うためです。

一生自分らしく続けられる職場を選ぶには、「年間休日が多い」「産休育休・時短制度あり」「残業が少ない」調剤薬局に注目すると良いよ。

現在のところ、就職に失敗して仕事にあぶれてしまう……といった心配に襲われる可能性は低いのが薬学部の就職事情でしょう。

仕事を継続したいのであれば、それが「得意」か「好き」なことであるのが望ましいでしょう。苦手なこと、嫌いなことをいやいや続けても長続きしません。努力を努力と思わないくらい継続できる人にはかないません。

調剤薬局で働くのは大変?

1 2