血色が悪かったり青みがかった色白の方は、パッと華やかにトーンアップしてくれるピンクのコントロールカラーを。透明感もプラスしてくれるので、明るい雰囲気を演出できます。

出典<女性必見!>理想の肌になれる神アイテム!コントロールカラーの使い分け術 | BEAUTY | Glam Beautique | イオン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

シミ・クマ・クスミなしの美肌に!コントロールカラーの使い方

イエロー、グリーン、ピンクにパープル…顔に使うにはちょっと勇気がいる色が揃っているコントロールカラー。でもこれ、肌悩みを解決してくれるすごいアイテムなんです。コントロールカラーの使い方、まとめました。

このまとめを見る