サンデーサイレンスは2002年に死ぬまで、12シーズン日本で種付けを続け、1500頭もの子供を残した。産駒は高額で取引され1億円を超えることも珍しくなく、種付料は2500万円にもなった。

出典ディープインパクト急死で…「種馬ビジネス」本当のカラクリ | Smart FLASH[光文社週刊誌]

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ディープインパクト号の死因は過酷な種付けだった…競走馬の過酷な実態に様々な声が!!

ディープインパクトの死去は我々に深い悲しみを与えるものでした。死因は周知のとおりでしたが、遠因に過酷な種付があったことが原因のようです。実際、昨今の種付ビジネスは値上がりしており、馬もとても大変だと思います。無理せずに頑張って欲しいですね。

このまとめを見る