1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

◼︎今年も暑い夏が到来

それにしても家の中が恐ろしく暑い かき氷でも食べたいな

◼︎昔から、子どもたちの間で人気なのがブルーハワイ

夏はかき氷がおいしい季節。定番の味はイチゴ・メロン・レモンといったところだろうか。

それらレギュラー枠に食い込むように、屋台でよく見かけるのがブルーハワイ。ほぼ定番と言っていい頻度だと思う。

夏はかき氷! イチゴやメロンは分かるけど…「ブルーハワイ」って、つまり何味? | オトナンサー otonanswer.jp/post/45528/ 自分はソーダ味と思って食べてますけど #かき氷

◼︎実はブルーハワイの味には、明確に定義はないという

ブルーハワイ味のシロップは、おおまかにいうと、糖類・香料・酸味料・着色料からつくられています。

ブルーハワイ味の特徴であるきれいな青色は、『青色1号』という着色料(食用色素)によって作り出されていることが多い

各メーカーごとに食べ比べてみると、味は確かにソーダ風味、トロピカル風味、ピーチ風味と違いがあることがわかり、ブルーハワイの味に規定はないことが立証されていた。

◼︎ブルーハーワイの由来は、カクテルとの説が有力なんだとか

1964年の海外旅行の自由化によって空前のハワイブームが生まれたことで、かき氷のブルーハワイが誕生

1980年代にハワイで派手な飾り付けを施すカクテルが流行したときに生まれたものといわれており、かき氷のブルーハワイ味は1980年代後半以降に誕生・流行したものと推測

◼︎ちなみに、かき氷シロップの「味」は、どれも同じだという

これは甘い液体で、イチゴやメロン、レモンなど、ほとんどすべてのシロップに共通して使われています。

ただし抹茶味には抹茶を入れていたり、レモン味には果汁を入れていたり味ごとに原材料の微妙な違いはあります。

◼︎シロップの色の違いによって、脳が錯覚を起こしているそう

1 2