1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

baseraさん

トットランドにいない3つの種族

1つ目は巨人族。ビッグマムは巨人族に嫌われており、1人も住んでいない。

2つ目はキングの種族。キングの種族は数が少なく、あまりいない。そして強大な力をもっている。3つ目は歴史の彼方に消えてしまった。

珍獣コレクターとしても有名なビッグマム

チョッパーやブルックもビッグマムに愛でられていましたね笑

ホールケーキアイランド・万国では様々な種族が混在していました。

そんなマムが目をつけたのが百獣海賊団 火災のキング

マムによれば万国にいない(手に入れていない)種族が3つあるらしくキングはその中の一種なのだとか。

出典http://shinumae.oops.jp/onepiece/privacy-policy

あらゆる人種が暮らせる国を理想に掲げるビッグマムのナワバリ「トットランド」に居ない種族が、実はまだ「3種」いるらしい。 「巨人族」は言わずもがなで、残りは百獣海賊団「キングの種族」と「歴史の彼方に消えたかもしれない種族」。 どちらも希少な種族のようだ onepiece-log.com/blog-entry-193… pic.twitter.com/1q5ghDKBEN

ママの国にいないのは巨人族だけじゃなかったんだ、へー。しかも歴史の彼方に消えたかも知れない種族とかまた心くすぐるワード出してきましたな。トットランドが陸のオールブルーになる日が来るようにはあまり思えないのだが、ママは果たしてどこまで突き進むのだろうね。

歴史の彼方に消えた種族 これもしかしてトキトキの実で現在にやってくる説ないですか?

ONE PIECE考察3つ目 ビックマムの国万国について マム本人の口から万国にはまだ3種いない種族がいると公言された。そしてその種族の最後の生き残りが火災のキング僕の予想では 1、巨人族 2、天空人 3、天使族(その最後の生き残りがキング 天使族もしくは悪魔族と天使族のハーフ #ONEPIECE #ワンピース

歴史の彼方に消えた種族は

ジョイボーイは、空白の100年に存在した謎の人物。巨大船ノアを作り、人魚族を楽園に導こうとした。

しかし約束が守れず、謝罪文を残す。

ノアを直すには、特別な一族の力が必要。そこを考えると、ジョイボーイは、3つ目の種族と思われる。

ありそうな流れ

・ジョイボーイは、Dの国王だった【同時に幻の種族】

・王国と連合軍が戦う

・ジョイボーイは、敗走する

・人魚達との約束を守れなかった

・謝罪文を残した後、政府に戦いに挑む

・ジョイボーイは命を落とす

・ジョイボーイは世界政府に消された【存在しない人物「種族」になっている】

マリージョアにあった麦わら帽子は、ジョイボーイの物と思います。世界政府が処分しないのは、巨大王国を討ち取った記念だから。

簡単に言うと戦利品です。

ジョイボーイの一族が巨大船ノアを作ったといわれていることから特殊な一族だと思います。

しかし、Dの一族という考察もありますが、先ほど言った通りルフィを仲間に勧誘していないので、Dの一族ではなくジョイボーイの種族は歴史の彼方に消えた種族なのではないでしょうか!

出典https://dai-trette.com/rekisi-1827

そもそもジョイボーイとは

ジョイボーイというのは

"空白の100年"に実在した地球の人物なのじゃもん

あの文章は当時この島におった"人魚姫"に宛てられたもんじゃもん

魚人島との約束を破った事への謝罪文だという......

内容は詳しく伝わっておらんが

いずれ必ずジョイボーイに代わって約束を果たしに来る物が現れる

それがわしら王族に伝わる伝説......

出典ワンピース考察/伏線/ネタバレ

ルフィたちは

ジョイボーイは月の民の科学力で造られた"約束の舟"ノアを使い、リュウグウ王国の"夢"である地上での暮らしを叶えようとしていたが、巨大な王国が滅びてしまったため、約束が果たせなかったと考察してきました。

そして「Dの一族」だと考えられるジョイボーイは、その意志を子孫に託した。

個人的な予想になりますが、

「ひとつなぎの大秘宝」は4つの海に分かれた大陸が1つに戻る(もともと1つだったのかも不明ですが)と予想しています。そして巨大の王国も復活するのではないでしょうか。

最終的に"約束の舟"ノアに魚人島の住民をのせて、巨大な王国へ案内するのは今後

"Dの意志"を継いだルフィが実現すると予想しています。

的中率は100%のマダム・シャーリーの予言は的中し、魚人島の住民は地上にある巨大な王国で暮らすことになるのではないでしょうか。

結果、長い年月地上での暮らしを許されなかった為、隠れ家として暮らしていた魚人島は滅びる。(住民がいなくなる)

出典ワンピース考察/伏線/ネタバレ

ルフィは、魚人島の戦いで、ノアの一部を壊しました。

このままでは、約束が果たせないので、ある一族が直すと思います。

ありそうな流れ
・ルフィ達は、ある一族と出会う

・その一族は、人魚たちの話をする

・彼らはジョイボーイの末裔で、先祖の夢を果たそうとする

・ルフィは、ノアを壊したことを謝る

・その一族は、ノアを直しにいく

・ルフィ達も同行する

・ノアが直る

・しらほしの力が覚醒する

・海王類たちは、ノアを楽園に運ぶ

・その楽園は、オールブルーだった

最後の「歴史の彼方に消えたかもしれない種族」。

まるで今ではほぼ存在しないかの様な…

そして「歴史の彼方」という言い方から、大昔にその種は消えてしまった可能性もあるのかな?

という事は、魚人島編で登場した海王類達が話してた「ノアを直せる一族」?

出典https://onepiece-log.com/blog-entry-1933.html

〝歴史の彼方に消えたかもしれない種族〟と、648話で海王類達が話していた「ノアの方舟」を直す〝あの一族〟には何か関連があるのかな。 プリンの〝三つ目族〟もそうだけれど、これらの種族が幻や希少となった原因は、史実を暴かれる事に恐れた政府に「消された」という可能性もあるのかも? #ジャンプ pic.twitter.com/MU8NwZGz3m

3つ目の種族は、歴史の彼方に消えてしまった。おそらくイムによって消されたと思われる。

流れをまとめると
・○○族は、新世界の孤島で暮らしていた

・イムは、○○族を消すことに決める【歴史から消す灯】

・CPと海軍が、現れる

・族長「なぜ私たちを消すのだ!?」

・CP「お前らが強力な力を持ってるからだ」

・イムにとって○○族の力は脅威だった

・○○族は、歴史から消されてしまう

・一族の生き残りが、ルフィ達の仲間になる

11人目の仲間は、消えた種族です。竜人族という種族で、竜に変身できます。

出典ワンピース掲示板

私はクルタ族のような種族だと思います。クラピカみたいな奴が仲間になったら、個人的に面白いです。

Dの王国は、複数の種族で構成されていた

流れをまとめると…
・Dの一族は、色んな種族で構成されていた【サウロは巨人族】

・リーダーは竜人族

・巨大王国と連合軍が戦う

・巨大王国を作った種族が消される【Dの王は、竜人族だった】

・世界政府は、その存在を隠ぺい

・ルフィたちは、世界政府と戦う

・竜人族が現れ、ルフィ達に力を貸す

・世界政府を倒す

・天竜人の支配が終わる

簡単に例えると、連合軍は、王たちの集まり。Dの王国は、色んな種族の集まりです。

連合軍は、Dの王国を「異形の集まり」と見なし、滅ぼしました。

簡単にまとめると
・連合軍→人間の集まり

・巨大王国→色んな種族が集まっている【人間から見ればバケモノ。現に魚人は差別されている】

#onepiece 951話 感想 『歴史の彼方に消えたかもしれない種族』、もしかして空白の100年と関係が? #wj36 #wj37

イム様の存在は、五老星しか知らない。自分の存在【種族】を隠してるので、イム=失われた種族と思われる。

イム様
失われし一族の末裔なんじゃないかなぁと。

エルフとか。
吸血の一族とか。

その一族の伝説はマムが知っているんじゃないかと思ったのです。

出典https://onepiece-log.com/blog-entry-1933.html

イムとミホークは

1 2