1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

知らないと危険!夏の海外旅行で「要注意」すること

犯罪や事件、病気にあわない為に海外旅行での注意点。

更新日: 2019年08月07日

6 お気に入り 16001 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■お盆休みは最大9連休。海外旅行に出かける方も多い事でしょう

今年もお盆休みが近づいてきましたね。2019年の8月は日並びが良く、お盆休みは最大9連休に!

皆はお盆休み中にどんな予定を立てているのでしょうか?まず、夏休み中に「何をして過ごしますか?」と尋ねると、1位は「海外旅行」(29.2%)。

▼特に今年の夏旅で「要注意」することは?

・香港や韓国のストライキやデモに外務省が「注意喚起」

香港で続くデモ隊と警察との衝突をめぐり、警察は6日、前日に148人を拘束したと発表した

外出の際,特に日本関連施設やその周辺を訪問する際には,周囲の状況に注意を払うようにしてください。

・今年は異常気象が多い為、渡航前に現地の気候もチェックしておく

6月末に欧州を熱波が襲い、フランス南部などの一部地域では気温が45℃を超えて死者まで出た。

7月25日(木)の午後、フランス・パリで気温が42.6度に達して、1947年7月に記録された40.4度を72年ぶりに上回り、観測史上最高の気温を記録した

フランスでは現在、8月に3度目の熱波が襲うのではないか、という不安の声が上がっている。

▼他にも「犯罪」にあわない「病気」にならない注意も必要

・NO1の被害件数「スリ」に注意

欧州では、どちらかというとスリ、置き引き、引ったくりなどの瞬時に犯行を完結する手口が多く見られます。

バッグや上着、ズボンの尻ポケットなど、盗まれやすいところには、貴重品などを入れないようにしましょう。

女性のグループだから巻き込まれる犯罪があるのだ。 それは「宝石詐欺」や「ポーカー詐欺」といった定番の詐欺。

・最も多い「感染症」に注意

渡航先や渡航先での行動によって異なりますが、最も多いのは食べ物や水を介した消化器系の感染症です!

予防接種を受けることで感染症にかかるリスクを下げることができます。

1 2