1. まとめトップ

銀行よりもおトクに!注目の海外送金サービス総まとめ

銀行の海外送金は遅いし、面倒だし、手数料も高い!とお嘆きのあなたに、今おススメの海外送金サービスをまとめてご紹介します。

更新日: 2019年08月15日

3 お気に入り 804 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

AusEnterさん

■TransferWise(トランスファーワイズ)

500万人以上が本当の為替レートで海外送金をしているTransferWise。銀行の最大8分の1の手数料で海外送金が可能です。

金融機関の多くはこのミッドマーケットレートに手数料(スプレッド)を上乗せしたものを「本日のレート」と提示して両替します。TransferWiseではこのような手数料が上乗せされません。

TransferWiseは受取りに現地(海外)の銀行口座が必要になり、送金後すぐにお金を受け取ると言うわけにはいきません。

■PayForex(ペイフォレックス)

ペイフォレックスの海外送金は、海外の銀行口座へ直接送金できるサービスです。

結論から申し上げると、送金先の銀行口座に入金された金額(残高)で比較した2社間(トランスファーワイズとPayForex)ではこちらの方がよかったです!

このサイトにも書いてあるけど、送金金額や送金先によって優劣が逆転するケースがある点には注意が必要。

PayForexは外貨両替の際の上乗せレートで収益を上げているようです。ただ個人的に色々な両替機関のレートを比較してみましたが、PayForexのレートはそこまで悪いように見えませんでした。

■WorldRemit(ワールドレミット)

A better way to send money
Faster, simpler, safer – send to those you love today.

Google翻訳「送金のより良い方法
より速く、より簡単に、より安全に ― 今日、愛する人に送ってください。」

WorldRemitは、ロンドン発のフィンテック企業が提供する、格安海外送金サービスになります。同様の送金サービスでは世界最大手で、世界で最も多くの方が利用しているようです。

デメリットはいくつかありますが、これらが特に問題にならない方は、ぜひ「WorldRemit」を使ってみてください!

デメリット…日本語に対応していない、マイナンバーの提出が必要など本人確認手続きが面倒、海外から日本への送金が不可

■Western Union(ウエスタンユニオン)

日本全国の取扱店からどこにでも迅速かつ簡単に送金できます。日本全国のWestern Union®取扱店から送金できます。

ウエスタンユニオンで国際送金する際には、三つの方法があります。
1.大黒屋など、ウエスタンユニオン取り扱い店舗から送金
2.セブン銀行ATM・インターネット・モバイルバンキングから送金
3.ファミリーマートのFamiポートから送金

多少手数料はかかるものの、紙一枚書くだけで送金できるってなかなか便利ですね。
マイナンバーが必要ってことだけ忘れないように。身分証明書だけじゃだめです。

○このあと紹介する2つは、これからサービスが開始されるもの

■Revolut(レボリュート)

Banks will charge you when you spend or transfer money abroad. We’re not about that, and that’s why 6M+ people have switched to Revolut.

Google翻訳「海外でお金を使ったり送金したりすると、銀行が請求します。 私たちはそれについてではありません。だから、600万人以上の人々がRevolutに切り替えました。」

1 2