現在を駆け抜ける全ての車で求められるものと言えば、走行性や快適性だけではなく、最新の安全性も当てはまる。そしてアリオンは2016年になると、安全面を強化するために衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームを併せ持つ衝突回避支援パッケージ・Toyota Safety Sense Cを採用することを決めた。これらは運転する上で起こる可能性がある事故を未然に防ぐことを目指しており、アクセルまたはブレーキの踏み間違いによる衝突事故の回避や、夜間に走る時にありがたいヘッドライトの切り替え、高速道路での走行の手助けに貢献している。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

精悍さとスポーティー性を実現したアリオンは丁寧に磨かれていることが伺える

今でも活躍している4ドアセダン型乗用車・アリオンは、トップレベルの室内の広さを確保していて、座席を折りたたんで荷室を確保できるダブルフォールディングやゆったりとくつろげるリクライニングシートを採用した。

このまとめを見る