1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

えっ!?これもNGなの??

海外旅行に行くと、現地の言葉が話せなくて、身振り手振りで相手とコミュニケーションをことってありますよね?

しかし、ジェスチャーやハンドサインを間違って使っている人も多く、実は現地の人に誤解されてしまうという問題も!

海外でNGなジェスチャーをご紹介

▼ ピースサイン

しかしギリシャでは昔、人差し指と中指の2本で物を掴み、犯罪者に向かって投げつけたことから相手を侮辱する意味として認識されています。

▼ 親指だけを立てて上に向ける

親指を立てるグッドサインは海外旅行で何度も使ってしまうという人が多いのではないでしょうか?

これは海外ではサムズアップと言います。

ほとんどの場合は良い意味で使えるジェスチャーです。ヒッチハイクなどで使ったりすることもあるくらい。ただ、実は国によっては悪い意味になってしまうことがあります。

特に注意したいエリアはイタリアやギリシャなどのヨーロッパの他、アフガニスタンやイラクなどの中東ですね。これらの国では下品な意味になってしまうのです。

人によっては不快に思われてしまうので注意してください。

▼ オッケーサイン

フランスでは輪の部分がゼロを意味していて、「お前は無能だ・素質がゼロだ」という相手を卑下する意味になります。ブラジルでは「自分は危険だぞ」という脅しの意味で使われるそうです。

▼ 逆ピースサイン

最近では、日本のアイドルや著名人、一般の方も、逆ピースサインをして写真を撮っていますが、国によっては大変な不快を招くジェスチャーです。

▼ 口元に手を当てて笑う仕草

▼ お店の人を呼ぶのに手を挙げる

1 2