1. まとめトップ
  2. ガールズ

ダサ見えしない♡秋の「ワントーンコーデ」が上手くいくコツ

のっぺり見えがちな「ワントーンコーデ」がかわいく見えるコツはたくさんあります♡

更新日: 2019年08月22日

33 お気に入り 56926 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mmacarronさん

次のシーズンも流行りそうな「ワントーンコーデ」

空前のワントーンコーデブームは、まだまだ続きそう。ただし秋はベージュトーンよりも、ブラウントーンが主流!

エルメスやマックスマーラといったエレガンスの王道メゾンは、こぞってニュートラルな色合いをピックアップ。

ベージュやアイボリー、テラコッタをワントーンでまとめるなど、知性あるカラーパレットが大人の女性像を紡ぎ出す。

ワントーンコーデで垢ぬけて見えるコツは…?

▼「柄アイテム」でのっぺり見えを回避!

〝今季気になる、チェックスカートのワントーンコーデ〟。チェックも、温かみある素材感とワントーンコーデなら大人にまとまります。

トップスを合わせてワントーンでまとめれば、こなれ感のあるスタイリングの完成です。

夏にはなかったシックな雰囲気が大人っぽさとこなれ感を呼び込んでくれそう。トップスはスカートとリンクしたブラウン系のマルチボーダー。リズムが生まれて、ワンツーコーデも単調にならない。

明るい色合いのパイソン柄は、トレンドのベージュワントーンコーデにもぴったり。

派手で着こなしが難しそうに感じますが、ベージュを基調としたベビ柄・パイソン柄はどんなスタイルにも合わせやすいアイテムなのです。大胆にワントーンでコーディネートしたり、アクセントの小物として合わせてもオシャレ!

▼異なる素材を合わせてメリハリコーデ♡

今秋はレーススカートがトレンドのひとつ。取り入れるだけで上品な女性らしさを演出できるアイテムです。

グリーンのレーススカートを使ったワントーンカラーのコーディネートは、冬にトライしたいおしゃれなコーデ術の一つ。

下の方に向かうほど色を濃くしてグラデーションを意識することで、統一感のあるシックな着こなしができます。

明るめブラウンでつくる、まろやかワントーンコーデ。
ニットにレザー、ファーにツイードと、異素材ミックスで優しげカラーにメリハリを出して。ハードに見えがちなレザー調スカートも、やわらかな色味でまとめれば程よく甘く着こなせます。

▼「色の濃淡」を意識して垢抜け見え♡

濃淡をハッキリとさせる事で、スタイルに奥行きが出る。

上半身にコンプレックスがある人は、トップに濃い目、ボトムは少し淡い色を組み合わせる事でスッキリ見える。

ワントーンコーデポイントは「濃淡をつけること」♥ 全身同じくらいの濃さにしてしまうと、のっぺりして肌着のように見えることもあるため、「濃い×薄い」を意識するのがマスト。また靴合わせに迷ったら、濃いカラーよりも薄めカラーを合わせると浮きません。

1 2