1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●厳しい暑さが続いてる「日本列島」

【今日の天気】夏の高気圧が日本列島を覆い、猛暑が続きます。東京で今年初めての猛暑日が予想されるほか、仙台・大阪・広島・福岡でも35℃予想。名古屋は体温並みの36℃まで上がりそうです。十二分な熱中症対策を心がけてください。 weathernews.jp/s/topics/20190… pic.twitter.com/4bKOPM3Vgg

総務省消防庁は、先週1週間(7月22日~28日)の熱中症による救急搬送状況を本日発表。

先週1週間に熱中症で救急搬送された人数は、全国で5664人(速報値)と、その前の週の3倍近い値となりました。

●「東京ビッグサイト」では、改修工事をしていた作業員が死亡

東京オリンピック・パラリンピックで取材拠点になる「東京ビッグサイト」で、改修工事をしていた50歳の男性作業員が死亡

・8日午後2時ごろ、男性作業員が意識不明の状態で倒れ病院に搬送

警視庁などによりますと、8日午後2時ごろ、東京・江東区の東京ビッグサイトの東展示棟で50歳の男性作業員が意識不明の状態で倒れているのが見つかり、病院に搬送

大会組織委員会や警視庁などによりますと、屋外で電気ケーブルの敷設作業を行っていた50歳の男性作業員が突然倒れ、

意識不明の状態で病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されたという

男性は当時、屋外で電気ケーブルの敷設作業をしていたということです。警視庁は、周囲の状況から熱中症の疑いがあるとみて確認を進めています。

●そんな中、自覚症状がない「かくれ熱中症」も増えている?

連日のように熱中症対策が呼びかけられています。熱中症の初期症状といえば、めまい、立ちくらみ、唇や手足のしびれ、筋肉痛などが知られています。

しかし、自覚症状がない「かくれ熱中症」は、いきなり頭痛や吐き気、けいれん、意識障害を起こし、救急搬送されるケースがあります。

・特に高齢者は、のどの渇きや暑さに対する感覚も低下で気づきにくい?

特に高齢者は、体の水分量が少ない上に、熱がたまって脱水状態を招きやすくなります。のどの渇きや暑さに対する感覚も低下し、気づかないうちに重症化することもあります。

体には体温を一定に保とうとするしくみがありますが、暑い環境で体内にこもった熱を放出できなくなると、体調に異変が生じます。これが熱中症

●ある調査では、エアコン節電意識から「隠れ熱中症」の危険性が浮上

ロイヤリティ マーケティングが7月に実施した「暑さ対策」に関するインターネット調査

家に一人でいるときにエアコンの使用を控えるという節電行動の意識が高い一方、熱中症の自覚症状が薄いのは60代の一人暮らしの女性に多いことが分かった。

「家に一人でいる時はエアコンの使用を控えている」と答えた人の性別・年代別内訳をみると、どの年代でも女性の方が高く、年代が上がるにつれて節電意識が高くなる。最多は60代以上の女性で80.4%となった。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

自覚症状がない「かくれ熱中症」 正しいチェックの仕方 (ウェザーニュース) news.line.me/issue/oa-weath… #linenews 連日の猛暑、しつこいくらいのお気をつけ

1 2