1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いったいなぜ…?お盆休み明けに退職を考える人の割合が多いワケ

お盆休み明けに「退職」を考えたことがあると答えた人が3割もいるというデータが出ているようです。

更新日: 2019年08月12日

3 お気に入り 7312 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■明日からお盆休みという人が多い

令和初となる2019年のお盆は8月13日(火)から16日(金)の4日間です。普段お休みが少ない職種の人でもお盆と年末年始はお休みになることが多い

今年は最長で9連休となるお盆休み。帰省ラッシュのピークは10日とみられますが、早くも混雑が始まっています。

■そして今から「お盆明けが辛そう」と考えている人も

「3日以上の連休明けに仕事がつらいと感じる」人の割合は以下の通り。やはり、ほとんどの人がつらい

約8割の人がつらい…と感じるようです。

お盆明けはどの企業も退職者が増える時期である。実家に帰り、親や親せきから「そんな会社に勤めているの?」「そんな仕事をする為に大学を出したんじゃない」等と言われて嫌気がさした。

@tfbiik5b06f そうなんですよね (*^▽^*) リズムって 朝型 夜型 って ありますもんね 無理に変えると 身体を壊すらしいですね…… お休みで また少しリズムが 変わってしまうので 休み明けが辛そう( 笑 ) "(σω-)。

頑張った自分を褒めたい。ただ、連休明けはさらに辛そうだ笑

今週がんばれば夏休み。 ってか、今月半分休みだ(笑) 休み明け辛そうだな。

■そんなお盆休みだが、「お盆休み明けに退職を考えたことがある」という人の割合が発表された

スタッフサービス・ホールディングスは8月9日、20代~40代の会社員 1000 名を対象とした「夏休みと転職に関する調査」の結果を発表

会社員に対して、夏休み・お盆休み明けに退職や転職を考えたことがあるかどうかを質問

夏季休暇やお盆休み明けに転職を考えたことがある人は約4割――。人材総合サービスを手掛けるスタッフサービス・ホールディングスが8月9日に発表

■いったいなぜやめたい・転職したいと考えるのか?

最も多かったのは「休み中に自分の働き方や今後を考え直したから」(62.8%)。他には、「このまま休んでいたいと思ったから」(30.5%)、「ボーナスが支給された後だから」(24.2%)

帰省のタイミングで「地元での就職を考えるか」を問うと、「何度もある」「何度かある」を合わせて33.8%だった

東京に疲れたから、田舎が恋しくなったからなどが理由となっています。

■根底には「仕事に対する不満」がある

仕事で誰かに振り回されていると感じたことがあるかどうかについて回答してもらいました。「何度もある(35.8%)」「何度かある(31.3%)」を合わせると、67.1%の人が誰かしらに振り回された経験がある

どの程度上司に対して不満を持っている人がいるのかを明らかにするため、不満の有無を質問しました。「ある(27.1%)」「どちらかというとある(26.6%)」を合計して、半数を超える53.7%

今勤めている会社に対して、不満があるかを質問しました。結果は「ある(28.9%)」「どちらかというとある(35.9%)」を合計すると、64.8%

今の会社の一番の不満点はほーれんそーをうるさいくらいに俺らに言うのに大事な事柄や決まり事が下っ端まで伝わって来ないことや。 人の社用車停めるとこ潰しといて何の連絡もないんだぜ

今の会社給料とかも不満はあるにはあるけど、一番のストレスは人間関係

@seika_letter 最近は会社の不満ばかりそんな時でも笑顔見ると少し元気になれる良い会社にしたいけどね

1 2