「20年経って、40歳を過ぎて、自分が楽しい、自分が喜べる、自分が歌いたくてしょうがないというテンションにもっていける曲を歌っていきたい」

出典氷川きよし「振り幅をバーンと」 演歌とV系ロックの温度差楽しむ | ORICON NEWS

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

一体どうなる!演歌歌手『氷川きよし』のビジュアルの変化に驚きの声

演歌歌手としてデビュー20周年になる氷川きよし。ビジュアル系メイクで歌う動画が話題に。タマホームのCMではロック歌手になっている。シャンソンやジャズにも挑戦したいらしい。

このまとめを見る