ダブルケアにより業務量や労働時間を変更しなければならなかった人は女性で約4割、男性で約2割いて、社会の問題として考える必要性も訴えられ始めています。

出典親の介護と育児の「ダブルケア」を体験。保育園、仕事…限界をどう乗り切ったか|ウーマンエキサイト(1/2)

前へ 次へ