1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ゴンもやべぇ..「凪のお暇」中村倫也の“メンヘラ製造機”にハマる人続出

黒木華主演の金曜ドラマ「凪のお暇」。中村倫也が演じる「安良城ゴン」に大反響

更新日: 2019年08月10日

24 お気に入り 324530 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

黒木華主演の金曜ドラマ「凪のお暇」。中村倫也が演じる「安良城ゴン」に大反響

solmesさん

▼金曜ドラマ「凪のお暇」

場の空気を読みすぎてしまう28歳の主人公・大島凪が、その性格から過呼吸で倒れたことを機に一念発起し、

仕事や恋人などすべてを捨て、6畳一間のボロアパート・エレガンスパレスで“人生リセット”をはかる物語。

営業部のエースで凪の元カレ・我聞慎二を高橋一生、お暇した凪のアパートに住む謎の隣人・安良城ゴンを中村倫也が演じる。

▼原作はコモリミサトの大人気コミック

月刊誌「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中、コミックの売り上げが累計250万部(1~5巻)を超えるコナリミサトの同名漫画が原作。

▼とにかく視聴者の満足度が高い「凪のお暇」

週刊エンタテインメントビジネス誌「コンフィデンス」による視聴者ドラマ満足度調査で、第1位になった

第1話が19年“夏ドラマ”No.1の初回満足度となる94Ptをマークしたが、続く第2話ではさらに上昇し、現時点で夏ドラマ最高となる97Ptを記録。

▼元カレ役の高橋一生の「こじらせっぷり」に反響

慎二は「目が全く笑っていないしモラハラ野郎だけど、実は凪のことがめちゃくちゃ好きな愛情表現下手すぎ男子」という大変メンドクサイ男

2話のラストでも、凪に素直な気持ちが言えず、強引にキスして「好き……なんだろ俺のこと? 気引きたいの十分わかったからさ、そろそろ素直になって戻って来いよ」と言って叩かれ、号泣しながら1人で帰る

このシーンで「表と裏の顔があり、不器用にしか生きられない」という慎二のキャラが浸透し、ファンが急増。

▼そして謎の隣人「安良城ゴン」を演じるのが中村倫也

ゴンは「イベントオーガナイザー」という肩書きで紹介され、腕にはタトゥーというそれまでの凪の生活とはかけ離れた人物。

現実では敬遠されがちなパリピオトコだが、中村の醸し出すゆる~い空気感が何ともたまらない。

・凪とゴンのベッドシーンにネット騒然

1 2