1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ヤマトは値上げしたのに…なぜか赤字に陥ってる企業たちの憂鬱

ヤマトは大幅値上げして経営の改善に踏み切ったという発表が記憶に新しいですが、決算で赤字に陥ったというニュースが入ってきました。その他、なぜか赤字に陥っている企業についてご紹介します。

更新日: 2019年08月10日

8 お気に入り 22541 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■値上げを発表したヤマト運輸

宅配最大手のヤマトホールディングス (9064.T)は28日、宅配便の基本運賃を140―180円(税抜き)引き上げると発表した。9月末までに実施

2017年のニュースです。

10月1日より宅配便の基本運賃を値上げすることをすでに発表している。荷物のサイズによって、140〜180円の値上げ

ネット通販大手アマゾンなど企業向けについても、取引先との値上げ交渉を2017年春から本格化させ、年末までにアマゾンを含む多くの企業から値上げへの同意を得た。値上げ幅は個人向けの15%より高い

■しかし、2019年4~6月期の連結決算は赤字になった

ヤマトホールディングスが7月31日に発表した2019年4~6月期の連結決算は、営業損益が61億円の赤字に転落

大幅な値上げで収益が改善していることが予想されていたにもかかわらず、61億円の営業赤字

■いったいなぜ…?

同社では、働き方改革の整備に必要な費用が増加したことが主な原因としています

宅急便単価の上昇で増収となったが、集配体制の構築に向けた増員によって人件費が増加し、営業費用が前年同期比167億1500万円増の3878億2700万円と増加したことが利益を押し下げた

背景にあるとされるのが、大口顧客の“ヤマト離れ”だ。宅配クライシスが表面化した17年以降、最大顧客のアマゾンジャパンが自社配送網の強化に乗り出しているほか、楽天も宅配大手に依存しない配送網づくりに余念がない

■このニュースはネットでも話題に

ヤマトHDの赤字、人員2万人も増やした事と取扱量が増えない事が原因(?)の様だけど、個人的に近い将来、人員削減のニュースが乗りそうな気がする。

@AikiHashimoto ヤマトグループ全体で61億の赤字は恐らく想定内だったと思いますよ。 クロノゲート開設やそれに伴う車両・ドライバーの増強・センターの設備強化・ドライバー、スタッフ増員・集配システムのバージョンアップ等々を考えれば妥当なラインとして捉えてるんじゃないかなと考えてます。 →続く

ヤマトHDの赤字額が大きいそうで… メルカリもそうだけど、 利用する人が半端なく多いのに赤字になるのは不思議ですね。 でも大企業って色々とお金がかかるんでしょ〜 twitter.com/140gnews/statu…

宅配大手ヤマトHDが値上げしたにもかかわらず、赤字に陥っているそうです。 原因としては働き方改革での人件費高騰が影響しているようです。 これからの宅配業の課題は再配達を減らしていくことですね。 ヤマト 値上げもなぜ大赤字 | 2019/8/9(金) 22:33 - Yahoo!ニュース: news.yahoo.co.jp/pickup/6332867

これが値決めの難しさですね。同じ価値のまま値上げしたら需要が減るのはあたりまえです。値上げをするなら価値も上げないとダメかと。 ヤマト、4~6月営業赤字60億円 人件費膨張:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

こういうニュース、本当に信じないでほしい。 赤字の件は別として、2万人雇用は募集してるけどまったく補充してしきれてないのが現状だしどのセンターも常に人不足です。 記事にするならちゃんと調べて伝えてよ ヤマト 値上げもなぜ大赤字 2019年8月9日 news.yahoo.co.jp/pickup/6332867

■ヤマト運輸以外にも意外な企業が赤字に。まずは「メルカリ」

売上高は516億8300万円(前年同期比44.5%増)だが、広告宣伝費の使用や人件費の増加などに伴い営業損益はマイナス121億4900万円

国内でのフリマアプリ事業は黒字だったが、AI人材の採用、米国事業、モバイル決済サービス「メルペイ」などへの投資がかさんだことが影響

キャッシュレス決済のメルペイの開発と、「規律のある赤字」で投資を続けるアメリカ事業とで赤字額が拡大した形だが、経営陣は赤字は想定内だと余裕の表情

■そして、米のウーバーも赤字に陥っている

1 2