1. まとめトップ

キングカメハメハ死す!ディープインパクトの後を追うかのように

キングカメハメハが死亡したことが明らかになりました。変則2冠を達成し、アンカツをダービージョッキーにした名馬。種牡馬としても先日亡くなったディープインパクトと1、2を争う人気馬でした。

更新日: 2019年08月10日

1 お気に入り 5674 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuichi11さん

キングカメハメハ死す

種牡馬キングカメハメハ(牡18)が10日朝に死んだことが、分かった。同馬を生産したノーザンファーム代表で、社台コーポーレーションの代表取締役を務める吉田勝己氏が明かした。

「今日の朝5時ごろだったと聞いています。もともと体調が悪かったのでね。よく頑張ったなという感じです。ここ5年は体調が良かったり、悪かったりでしたから。白内障で目も見えていなかったし、人間でいう糖尿病みたいなものだったのかな」

キングカメハメハは2004年のダービー馬 NHKマイルCも勝利

03年11月に京都でデビューし、04年NHKマイルCを優勝後、ダービーを2分23秒3のレコード(当時)で勝つ変則2冠を達成。同年秋の神戸新聞杯優勝後に右前浅屈腱炎で引退、05年から社台スタリオンステーションで種牡馬生活を送っていた。

種牡馬として多くの活躍馬を輩出

ロードカナロア(香港スプリント2回などGⅠ6勝)
ドゥラメンテ(東京優駿、皐月賞)
ホッコータルマエ(チャンピオズCなどGⅠ10勝)
アパパネ(牝馬三冠などGⅠ5勝)
ラブリーデイ(天皇賞・秋、宝塚記念)
レイデオロ(東京優駿)
ベルシャザール(ジャパンCダート)
ルーラーシップ(クイーンエリザベスⅡC)
ローズキングダム(ジャパンC、朝日杯FS)
レッツゴードンキ(桜花賞)

12年以降は種牡馬としての宿命のライバルであるディープインパクトの台頭により、7年連続でサイアーランキング2位。3位以下を大きく突き放す「2強時代」を築いた。JRA勝利数は歴代3位。

先月末にはディープインパクトが死んだばかり

中央競馬史上2頭目の無敗の三冠馬となるなどG1歴代最多タイの7勝を挙げた牡馬のディープインパクトが30日、死んだ。17歳だった。

主戦ジョッキーを務めた安藤勝己さんもTwitterを更新

キングカメハメハ。ディープが亡くなった数日後になんて嘘みたい。後継を残して種牡馬は引退しとって、ゆっくり余生を送ってほしかったんやけど。あれほど安心して跨らせてもらった馬はいない。ダービーは負ける気がしなかった。そんな強さを語り継いであげることが一番の供養。ご冥福をお祈りします。

管理していた松田国英調教師もコメントを発表

現役時代に管理した松田国英調教師は、連絡を受けると駆け付け、馬房に手を合わせた。「調子が良くないとはうかがっていましたし、種牡馬を引退してからも、大事にされていたようです」と静かに話した。

突然の訃報にファンも驚きを隠せない

え…キンカメまで? ディープがいってしまったばかりなのに…。

ディープとキンカメがこの間隔で亡くなるって、本当に競馬には何かがあるんだよなぁ

ウオッカ、ディープ、キンカメ。 競馬ファンでなくとも名前だけなら聞いたことのあるような偉大な馬たちが同じ年に逝ってしまうなんて。。

キングカメハメハが亡くなってしまった。 僕はディープも好きでしたが、キンカメはもっと好きでした。 安藤騎手とのダービーは忘れられないし、最後のレースになった神戸新聞杯も思い出深い。 エルコン、ステゴ、ディープ、キンカメ、なぜに名馬はこんなに早く逝ってしまうのか。 残念です。

ディープ死んでキンカメも死んだって日本競馬一区切りじゃん

1 2