1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

1泊90万円だと!?五輪開催期間中の「ホテル料金」がヤバい

後1年に迫った東京五輪ですが、なんと宿泊するホテルの料金がボッタくりも顔負けの料金に跳ね上がっているというニュースが入ってきています。

更新日: 2019年08月11日

9 お気に入り 26398 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■あと1年に迫った東京オリンピック・パラリンピック

いよいよ1年前に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック。楽しむ用意はできていますか?

東京五輪チケットの通称「セカンドチャンス」の申し込み受付が8月8日から始まった。受付期間は8月19日の11時59分まで。抽選発表は9月11日

アメリカなど海外8ヵ国に割り当てられたチケットの正規販売店だ。同社で販売していた全競技のチケットはすべて、現時点で売り切れ状態になっている

海外においても高い人気となっているようです。

■そんな東京五輪観戦で欠かせないのが「宿泊する場所」。だが…

東京オリンピック2020のホッケーを観戦予定で、楽しい旅を盛り上げるため、今から準備を始めているという人もいるのではないでしょうか

五輪を見にいくつもりでホテルを予約しようと思っても、“泊まれるホテルがない”という事態がすでに相次いでいます

■ホテルが足りない…なんと価格が1泊90万円という場所も

早くも東京都内の主要ホテルは五輪期間中の予約が押さえられ、料金が異常に高騰しているとの情報も出ている。

2019年7月に1人1泊1万円台だったホテルが、2020年7月には同条件で4万円台に高騰。高級ホテルでは、2020年7月下旬を1人1泊90万円台に設定しているところも

東京都内のホテル料金が高騰している。開会式が行われる来年7月24日は、通常の6倍という強気の価格設定も

■大会組織委員会が周辺のホテルを仮押さえしているというのもあり、圧倒的に足りない…

大会組織委員会が、IOC(国際五輪委員会)や各国の五輪委員会、競技団体の関係者向けに、会場周辺のホテルを約4万6000室も仮押さえしている

五輪チケット抽選に当選した千葉県の女性が都内のホテルを予約しようとしたところ、「大会関係者がすべて部屋を押さえているので、予約はできません」と言われた

東京ベイゾーン・ヘリテッジゾーンを中心に約4万6000室。オリンピック招致では客室数保証も開催地の条件とされるため、客室の確保は最優先事項

■それにより、ほぼ全ての宿泊施設が値上がりしている

新宿にあるビジネスホテルの1人1泊の最低料金が1万1000円(今年7月下旬)から6万7000円(来年7月24日)に、汐留のビジネスホテルが1万4000円(同)から6万7000円(同)

開催期間前後1カ月(2020年7月20日〜2020年8月19日)で大人2人で「新宿区」で検索すると「価格:¥ 10,319,039 /月」「価格:¥ 9,726,114 /月」

民泊も値上がりしています。

■旅行会社もツアーを組んでいるがバカ高い…

JTBが、競技観戦チケットが付いた“五輪公式観戦ツアー”の抽選エントリーを7月24日からスタートさせたが、最も高額なプランで450万円という値段

7月27日~29日の日程でスイート客室を利用し、水泳(競泳)席種Bのチケットが付いたプランが67万9000円(2名1室利用時の1名あたり)、同日程で、バルコニー付き客室を利用し、バレーボール席種Aのチケットが付いたプランが18万8000円

こちらはホテルシッププランです。

制覇シリーズ」では40ヶ所すべての競技会場で観戦できる1人202万円のプラン「競技会場コンプリートコース19日間」や、オリンピック全33競技を観戦できる180万円のプラン「競技観戦コンプリートコース17日間」

安いのか高いのか…。

1 2