1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

悠々と街を闊歩…北海道が「クマ」にジャックされてるらしい

北海道でクマの出没が相次いでいるようです。いったいなぜなのでしょうか?

更新日: 2019年08月11日

6 お気に入り 17517 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■クマ

食肉目クマ科に属する動物の総称。7種から成る。体長 100~280cm,体重 27~800kg

最大種はホッキョクグマで[3]、体長200 - 250センチメートル、体重300 - 800キログラム[4]。次いで大型のヒグマで体長100 - 280センチメートル、最大体重780キログラム[4]。最小種マレーグマ

日本では古来より山の帝王として君臨しており、「やまおやじ」という名称でも呼ばれていた。というか、現代日本でも山で熊に遭遇=死となりかねない

■そんなクマが北海道で相次いで目撃されている

「クマが出没しています。絶対に外出しないでください」―。静かな夜の住宅街にパトカーのスピーカーを通した警察官の声が響く

クマの出没が相次ぐ、北海道・札幌市の住宅街では、9日夜から10日にかけてもクマが現れ、夏祭りが中止になるなどの影響が出ている

住宅の家庭菜園の作物を連続して食い荒らしていることから、札幌市は9日、危険なクマと判定し、箱わなで捕獲する方針を決めた

■札幌市がジャックされた?

追尾するパトカーや報道陣の車を気にする様子もなく、悠然と家と家の間を縫うように住宅街を歩き回っていた。

札幌市南区藤野地区のニュースです。

山に追い返そうと、パトカーがライトで照らすが、怖がる様子はなく、歩道をゆっくり歩いていく。パトカーの先を歩きながら、クマは通り過ぎていった。

「出てきた出てきた。でかい!ナシの木、枯れちゃう」(住人)クマは、およそ3時間にわたって居座り、リンゴやナシ、プラムなど50個ほどの果実を食べた

■札幌市以外でも目撃証言が

北海道・標茶町(しべちゃちょう)の牧場で5日、「放牧中のウシがいなくなった」と役場に通報があった。現場の状況などから、ウシ10頭以上が、クマに襲われたとみられている。

北海道・羅臼町の住宅付近で、体重250kg以上と推定されるクマの足跡が見つかった。この住宅では27日、飼い犬がクマに襲われ、死ぬ被害があった。

警察によりますと、ことし道内で通報が寄せられたクマの出没の件数は警察が把握しているだけでもすでに1000件を超え、過去5年で最多だった去年を上回るペース

■ちょっと心配になるニュースだ

これはかなりの損失(´;ω;`) 早く駆除されないと、どんどん被害が増える。 被害にあった農家さんが心配(´・ω・) 放牧中の牛 先月に続きまた犠牲に…クマに襲われた? 標茶町 (北海道ニュースUHB) news.line.me/issue/oa-uhbne… #linenews

可哀想。外のワンコが心配になる… “現場付近では、飼い犬のちぎれた足とクマのふんが発見された” #北海道 / “飼い犬またクマに襲われる 捜索の2人、接近した際けが 羅臼:北海道新聞 どうしん電子版” htn.to/3ue4r8Wn7y

@S0608N 北海道だとヒグマですよね 自分も2~3年前、釣りに行って20〜30mの距離で見ましたが、一瞬何のことかわからず、体が動かなかったです 今年もクマ出没情報多いので心配ですね

北海道の出張初めてやけどクマが心配やのぉ 街中にめちゃくちゃ出そうなイメージあるな

先月の北海道車中泊旅行は、ヒグマ怖くて人けのないところでは寝ないようにした。 今後人口減少過疎でヒグマ生息地/数は拡大確実だろう。縄張りが都市部に近づけば出没数増加は自明。ネイチャーウォークとか怖すぎて自分は無理… 深夜の住宅街クマ悠々 札幌南区 hokkaido-np.co.jp/article/334054

■真夏は「エサが不足」するために街中で見かけるケースが増えるのだという

1 2