1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

naokana135さん

日本全国の絶景スポット!

◇六花亭の包装紙の世界が広がる庭園「六花の森」(北海道)

山岳画家、坂本直行が六花亭の包装紙に描いた北海道の山野草。四季折々、園内に咲き誇ります。

北海道を代表する銘菓舗、帯広に本社を置く「六花亭帯広本店」が運営する庭園「六花の森」。

六花亭製菓㈱の花柄包装紙でお馴染みの草花が育てられています。

クロアチアの古民家を移築したギャラリーで鑑賞するアートも見ごたえがあります。

児童詩誌「サイロ」の表紙絵を壁天井一面に貼り付けて展示する「サイロ五十周年記念館」、
「花柄包装紙館」などがあります。

◇国営ひたち海浜公園 「茨城県」まるでファンタジーの世界

花と緑に囲まれた都市公園「国営ひたち海浜公園」は、茨城県を代表する観光スポット。

夏は、バラ、ヒマワリ、ジニア。秋にはコキア、コスモス。他にも多種多様、実に様々な季節折々の植物が、訪れる人々の目と心に癒しを与えてくれることでしょう。

広大な“みはらしの丘”一面に広がる、450万本の青いネモフィラが広がる光景はまるでファンタジーの世界。

開園面積約200haの広い園内は7つのエリアに分かれており、自然の中で楽しめるレジャースポットや花畑があります。

7月上旬から夏の日差しを浴びてすくすく成長していくライトグリーンのコキアは、丸々とした可愛らしい形と、柔らかな感触がお楽しみいただけます。

◇浜島「沖縄県」三日月型の無人島

幻の島は、石垣島から西に10km、小浜島と竹富島の間に浮かぶ三日月形の無人島。

「幻の島」こと沖縄・浜島。八重山諸島にある砂だけの無人島ですが、それ故に潮の干満によって島の形が大きく変わります。

正式名称は"浜島(はまじま)"ですが、潮が引いている時だけ姿を見せる事から"幻の島"の呼び名で観光客に親しまれています。

視界を遮るものがなく360度に広がる大パノラマは、例えるなら、"海に浮かぶビーチ"。ただただ白いビーチと美しい海が続いており、島を歩いていると、まるで海の上を歩いているような気分になります。

1 2