1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

tatsubo1208さん

●真夏の猛暑では熱中症で搬送、最悪死に至るケースも少なくない

真夏の猛暑、炎天下ともなると、人間が散歩するのも非常に危険で、熱中症で搬送、最悪死に至るケースも少なくありません。

●犬の夏の炎天下での散歩は工夫が必要

今の時期でも少し暑くなると散歩の時にへとへとになってしまいます。 ワンちゃんは暑さに弱いです。

●暑い日は無理をして散歩に連れていく必要はない

【気をつけたい】夏の犬の散歩に注意、地面で肉球を「やけど」することも news.livedoor.com/article/detail… 若い犬は肉球が柔らかいためより注意が必要。散歩は日暮れから3時間後以降、日の出から約3時間までが良いという。 pic.twitter.com/6KvOOntWIW

●これに対しネットでは様々な声が上がっているこれに対しネットでは

@livedoornews 「気をつけたい」じゃなくて、絶対にやめるべき。 一度、自分で素足で外歩いてみたらいいよ。どれだけの事か体感した方が分かるでしょ。

@livedoornews 1度やけどすると、なかなか治りずらいのと犬にとってはかなりの致命傷となるので、本当に気をつけて下さい‍♀️

@livedoornews ここ数日の直射日光下アスファルト路面温度は60℃超えています。夕方でも50℃超え。朝方の路面温度が低い時がベストかと思う。

・一方でこんな声も・・

@livedoornews 日があるうちに散歩させとる人は飼い主も一緒に裸足で歩けばいい コンクリートの熱さを自分で体感したらいかに危ない事なんかわかるやろ

@livedoornews これ本当に見てて可哀想だし 虐待じゃないのって思う。 散歩するなら日が暮れてからにするか、犬用の靴履かせるのを義務化してほしい。 てか、こういう問題こそメディアが取り上げるべきじゃないの?

炎天下の犬の散歩、「肉球」は「やけど」しないの? 獣医に聞いた j-cast.com/2019/08/113646… @jcast_newsから 観光客が犬を連れてるヤツがいるけど、解ってあげなよ家族だし。

犬は人よりも地面に近い所に居るので、人よりも地熱を直で受けるから散歩は朝早くか、夕方〜夜にかけて散歩してあげてね。 アスファルトを手で触って暑かったら基本行かない事。肉球硬いけどそれでも長時間歩いてたらやけどしますからね。

●歌手の工藤静香さんもInstagramで犬にまつわる注意喚起をした

1 2