1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

嵐・松潤司会に歌手・米倉涼子も!?令和初『紅白歌合戦』予想まとめ

例年、お盆を過ぎると早くも出てくる『紅白歌合戦』の司会や出場歌手の観測記事。すでに司会には、朝ドラ『スカーレット』に主演する戸田恵梨香や嵐の松本潤が候補に挙がっている。また亡くなったジャニー喜多川氏の追悼企画も確実視。目玉としては、今年歌手デビューした米倉涼子の名前も。

更新日: 2019年08月23日

3 お気に入り 11973 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆日本の大晦日の風物詩『紅白歌合戦』

ニッポンの大みそかの風物詩といえば、多くの人がNHK紅白歌合戦を挙げるだろう。

テレビの黎明期を支える人気番組のひとつだった『紅白』は、資料率調査が始まった1960年代前半には80%を超える数字を記録した。まさに「国民的番組」だった。

「やめてしまえ」──そんな意見もしばしば見聞きする。しかしそうは言っても、視聴率は同時間帯トップで40%の番組だ。それを打ち切る理由はいまのところ見当たらない。

◆昨年はサザンや米津玄師の出演もあり好評だった

『第69回紅白歌合戦』(2018)

サザン桑田佳祐とユーミン(中央)

昨年大晦日に放送された“平成最後”の紅白歌合戦。 視聴率は後半が41.5%で2年ぶりの40%超え。ネット上でも「神回!」「出演者が豪華」など賞賛のつぶやきが飛び交った。

大トリのサザンオールスターズのステージは、歌手別で最高となる45.3%の瞬間視聴率を記録し、多くの人々の心に深く刻まれた。

Perfumeではデジタルの力が圧巻だった。また松田聖子やユーミンは、70~80年代の歌の魅力を見せつけてくれた。 こうした優れた才能が卓越した演出で、次から次へと惜しげもなく登場する『紅白』。改めてテレビの力と可能性を示した番組だった。

◆そして今年も司会や歌手の出演予想など様々な記事が出始めている

▼紅組司会には戸田恵梨香、白組には嵐・松本潤の名前

『スカーレット』(2019)

戸田恵梨香(左)と大島優子(右)

近年、紅白の白組司会はジャニーズの“独占”状態。紅組司会は朝ドラのヒロインが多く起用されている。

となると、今年も朝ドラ女優が選ばれる可能性は高い。9月30日から来年3月まで放送の「スカーレット」に主演する戸田が有力候補だ。

戸田恵梨香

白組司会は2018年を櫻井翔さん、17年を二宮和也さん、16年を相葉雅紀さんが務めてきた。個人で司会を務めていないのは大野さんと松本潤さんの2人。そのため、ツイッターでは、2019年の司会が松本さん、20年の司会が大野さんではないかという予想が多く見られた。

▼紅白常連に交じって、NHKドラマ発アイドルも立候補

「サニーサイドアップ」

左から白石聖、田中珠里、松田るか、松川星、天木じゅん

ドラマ『だから私は推しました』(NHK総合)を飛び出して初ライブを披露した女性アイドルグループ「サニーサイドアップ」(通称サニサイ)。会場に集った延べ1000人のファンからの熱い声援を受け、「紅白歌合戦に出たいです!」と野望を語った。

演歌歌手の水森かおり(45)が4日、新曲「高遠 さくら路」の舞台、長野県伊那市で行われた「伊那まつり」に出演。「令和始まって初の紅白歌合戦、もし出していただけるなら、ぜひ頑張って歌っていきたい」と、17回連続となる年末の大舞台に意欲を見せた。

歌謡コーラスグループの純烈が7日、都内でファンブック『純烈の公式応援BOOK!』の刊行記念イベントを開催。 今年の目標を問われると「令和最初の紅白歌合戦に出場することが大目標です」と力を込めていた。

▼確実視されているジャニーさん追悼企画には東山も手を挙げた

『第51回思い出のメロディー』(2019)

東山紀之(中央)

少年隊の東山紀之(52)が、先月9日に亡くなったジャニー喜多川社長(享年87)の思いを胸に、年末のNHK紅白歌合戦にも「やはり出たいです」と心境を明かした。

大みそかの『紅白歌合戦』でもジャニーズ・スペシャルステージを…という思いはあるようで、「やりたいですね。ジャニーさんが亡くなったばかりなので」と、静かにアピールしていた。

▼また目玉として今年歌手デビューした米倉涼子や三浦春馬説も

米倉涼子

ミュージカル『シカゴ』からの名曲「ロキシー」を7月26日に世界配信

毎年“目玉”探しに苦労している大みそかのNHK「紅白歌合戦」に、強力な候補者が現れた。“歌手デビュー”を果たした女優の米倉涼子(44)だ。

音楽関係者は「米倉本人は否定的だが、ニューヨークのブロードウェーで、3度もミュージカルの主演を張ったのだから、実力は申し分ない。紅白出場なんてことになれば大きな目玉になります」

1 2