学校側の危機意識は、終始一貫して低かったと言わざるをえない。どれほど丁寧なマニュアルを用意したところで、これでは役に立たない。

出典愛知県の小中学校 子どもに「火の舞」 生徒が大やけど 「罰が当たった」で片付けてはならない根本的原因(内田良) - 個人 - Yahoo!ニュース

以前の教訓が全く生かされておらず、更に今回の事件も過小評価しているというのが伺えます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

愛知県「火の舞」で中学男子が大やけど事故が大問題になってた

名古屋市内の中学校で、火のついたトーチを振り回す「トーチトワリング」の練習中に大やけどを負った案件が大問題になっています。

このまとめを見る