1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

職場にすぐ諦める部下はいませんか?こうした部下がいると自分の管理能力も疑われてしまいます。すぐ諦める人はどんな心理で行動し、なぜ集中力が続かないのでしょうか?すぐ諦める人の特徴や心理、曽於対処法までまとめてみました。触媒いるすぐ諦める部下への対応策にご利用ください。

cheat_magicさん

諦めない人の特徴・心理・諦める人との違い|恋愛/成功

人生の中で色々なことを経験していくうちに何かに対しては、諦めてしまうという人は多いでしょう。でも、その反対にどんなことに対しても、何が起こっても、諦めない人がいます。それでは、その諦めない人というのはどのような特徴があるのでしょうか。今回の記事では、諦めない人の特徴や心理などについてご紹介します。

諦めないとはどういう意味か
諦めない人の特徴をご紹介する前に簡単にですが「諦めない」という言葉の意味をご紹介します。「諦めない」の言葉の意味は、困難なことに対して、決してくじけることのない様子です。また、同じような意味をもつ言葉に「意思が固い」「へこまない」「めげない」などがあります。

諦めない人はなんでも楽しめる
それでは、ここからは、諦めない人の特徴についてご紹介します。まずは、諦めない人の特徴になんでも楽しむことができる人というものがあります。

何事もすぐに諦める癖がついてしまいました。

僕の場合ですがまず諦めない為に頑張るなんて気持ちないですね。

ですが、結果出す為に出来る限りは行いますが・・・。

そこで結果、報われなかったら諦めます。

僕はこんな感じ。



とりあえず何もせずしてすぐに諦めた場合、あとで後悔するかもしれませんからね。

後悔だけは嫌なので出来るだけやって出来た場合はバンザイ、出来なかったら身を引こう。

これでいいんだと思います。


主は諦め癖があるという事ですが、主はやる前から先にマイナスの結果しか頭に描いてないんです。

だから「どうせ無理だし、諦めよ」って考えが先行してしまうんだと思います。

主の場合、そんな気持ちから諦め癖がついたというより諦めない為の労力が疲れるからとただの面倒くさがり屋さんな

だけだと思います。


何でもそうですが、結果出すのに手前の工程があっての結果ですから、頑張るもなにも、

結果出す為に工程をやらなきゃいけないって気持ちや考えが身についているだけです。

なので別に頑張ってないんですよ。

諦め癖がある人の心理や原因、治す方法!

①:ひとつのことを続けられない
仕事でミスをしたり、誰かに怒られたりすると、そこから目をそらします。簡単に仕事を辞めてしまったり、人に対して、きちんと向き合うことができません。

継続ができない人は、全て相手のせいにします。自分に非があったとしても、言い訳をして逃げます。

自分に甘く、他人に厳しいので、何かと理由をつけて、逃げます。仕事も趣味も、続けていると必ずなにかトラブルが起こります。なにかを成し遂げるには小さなことでも持久力が必要なのです。

②:反省しない
自分と向き合うことを拒否していると、人は反省をしません。何かをずっと継続しているひとは、なぜそうなったかを突き止めてきちんと向き合うことができます。過ちを認め、能力を高める材料にするのです。

反省をしない人は、非を認めることができません。プライドが高かったり、甘かったり、人に責任を押し付けることによって、トラブルから守ろうとします。失敗は成長の源なのですが、それを生かすことができません。失敗を成長に活かすことができる人は、困難に立ち向かおうとします。

すぐ諦めてしまうのはなぜか? 自分なりの考察をお伝えします!

なんで自分はすぐあきらめてしまうのだろうか
なんで自分はチャレンジができないのだろうか
なんで自分は新しいことにオープンになれないのだろうか
新しいことにチャレンジすれば世界が広がるのに・・・
 

そんな思いは一度ならず何度も思ったこがあると思います。

「わたしに勇気さえあれば・・・!」

と思ってもなんだかんだ理由をつけて諦めてしまうことってありますよね。

わたしはいつもそんな感じでうだうだ悩んでチャレンジをあきらめてきました、

今回はそんな同じように悩んでいる方に
わたしが普段から実践している諦めてしまう癖を治す方法について
今回お伝えしていきたいと思います、

実際に効果がある方法なので試しに使ってみてください

それでは参ります!

何でもすぐ諦める「努力しない子ども」は、その親に原因がある

うちの子は、他の子と違って全く努力しない!」とお悩みの親御さんは少なくないのではないでしょうか。しかし、メルマガ『子どもを伸ばす 親力アップの家庭教育』の著者で家庭教育アドバイザーの柳川由紀さんは、子どもに「努力する習慣」を身につけさせるには、親の行動や言動も大きく影響すると言います。一体、どんな努力が親には必要なのでしょうか?



努力する子としない子の違いは?
Q:長男は努力家で、勉強もコツコツ続けるのでテスト直前に焦ることはありません。

結果が出なくても焦らず、目標を持って続けています。

一方、娘の辞書には努力と言う文字はないようです。



すぐに諦めますし、人任せです。娘はどうやったら努力する子どもになりますか?

(小6女子、中2男子のお母様より)

すぐ諦める心理12選!諦め癖のある人の性格や恋愛・諦めが早い子どもも

すぐ諦める・諦めが早い・諦め癖がある女性心理①自信がない
うずくまる女性
すぐ諦める女性や諦めが早い女性、諦め癖がある女性心理の1つ目は、『自信がない』です。自分に自信がないと、「やっても無駄」という思いが大きくなります。いつもやっても無駄だと自分で自分に言い聞かせてしまっているのです。すると、やる気やチャレンジ精神が湧き上がってこなくなる為、すぐ諦めてしまいます。

すぐ諦める・諦めが早い・諦め癖がある女性心理②面倒くさい
あくびをする女性
すぐ諦める女性や諦めが早い女性、諦め癖がある女性心理の2つ目は、『面倒くさい』です。面倒くさいという心理があると、行動することそのものが面倒になります。中には生きていることそのものに対しても面倒くさいという心理を抱いてる人もいます。この為、どんなことに対しても諦めが早くなるのです。

多くの人があまりにも早々に目標を諦めてしまう「7つの理由」

夢を叶えた人がいる。夢を諦めた人もいる。一体、その差はなんなのだろう?

スキルの違い。環境の違い。場合によっては「運」が違った、なんてこともあるかもしれない。ここで紹介するのは、人気ライターのNicolas Cole氏が「Inc.com」に寄稿した1本の記事。

それは「人がゴールを早々に諦めてしまう7つの理由」について。

始める前から
「失敗」している人たちがいる
成功するかどうかをすぐに決めつけてしまう人が多いけど、それはちょっと変だ。

すぐに諦めてしまう人にありがちなのが、スキルの習得までに何年間もかかるような、とにかく大きな目標を設定してしまうこと。

だいたい、そういう目標は「周囲からよく思われたい」という願望と結びついていたりする。「目標を達成したら、きっとみんなの見る目が変わるだろう」と。でも、最終的には忙しくなり、どのタイミングで打ち込むのかを考える間もなく、宣言してしまった目標に向かってやみくもに自分を追い込んでいく。

つまり彼らは、はじめる前から失敗しているのだ。

”粘り強い”と”すぐ諦める人”はどっちの方が破綻しやすい?

これは「アパート経営」を例にとって考えてみましょう。たとえば、中古アパートを購入して人に貸したとしますよね。仮に購入当時は、利回り12%だったとして、手元に50万円残るとても良い物件で、融資を受けることもできたとしましょう。ところが、これが物件が古いため、借り手が退室するたびに手直ししなければならないのです。



退室するたびにおよそ60万円ずつかかり、他にも水回り等を新調すると200万円近くかかるかもしれません。これでは、リフォームするたびに逆に大きなロスが出てしまいますよね。利益どころか赤字になり得ます。気づいたときにすぐ売れば良いかもしれませんが、気づかずに3室、4室とリフォームして、経費がかさんでいったとします。ここでまじめで粘り強い人はこう考えます。

「もう4室もリフォームしたんだから、今までの投資を取り返さないといけない!今までも人生でピンチがきたことは何度もあったけど、その度に自分は切り抜けてきたじゃないか!」

諦め癖がある人の心理や原因、治す方法!

①:ひとつのことを続けられない
仕事でミスをしたり、誰かに怒られたりすると、そこから目をそらします。簡単に仕事を辞めてしまったり、人に対して、きちんと向き合うことができません。

継続ができない人は、全て相手のせいにします。自分に非があったとしても、言い訳をして逃げます。

自分に甘く、他人に厳しいので、何かと理由をつけて、逃げます。仕事も趣味も、続けていると必ずなにかトラブルが起こります。なにかを成し遂げるには小さなことでも持久力が必要なのです。

②:反省しない
自分と向き合うことを拒否していると、人は反省をしません。何かをずっと継続しているひとは、なぜそうなったかを突き止めてきちんと向き合うことができます。過ちを認め、能力を高める材料にするのです。

反省をしない人は、非を認めることができません。プライドが高かったり、甘かったり、人に責任を押し付けることによって、トラブルから守ろうとします。失敗は成長の源なのですが、それを生かすことができません。失敗を成長に活かすことができる人は、困難に立ち向かおうとします。

諦め癖・逃げ癖がある人の性格5選|すぐ諦める心理や克服の方法も

諦め癖・逃げ癖がある人の性格①勝負事が嫌い
勝った人と負けた人
諦め癖・逃げ癖がある人の性格の1つ目をご紹介いたします。それは『勝負事が嫌い』ということです。誰かと勝負をすることを嫌います。また、人間ばかりが対象になるとは限りません。時間と勝負をするということも嫌います。勝負をすると疲れるからです。そのような疲れるようなことには、関わりたくないのです。

ただし、勝ち負けにこだわっていないかと言うと、そうではありません。負けることは極端に嫌います。ただ、勝負をしても途中で疲れてしまう為、負けることは目に見えています。負けて悔しい思いもしたくないので、勝負事は嫌いという考え方を持っているのです。

仕事をやらせてもすぐ諦めてしまう新人はいませんか?すぐ諦める諦め癖がある人にはどのように指導したらいいか、その対策法を教えます。

物事をすぐに諦めてしまう人は以外に多いものですが、そんな人が自分の部下になったり、指導する立場になったりしたらどうしていいのかわからない人も多いでしょう。
諦めぐせのある人にもいろいろな特徴があり、心理的な原因も様々です。
その人の特徴に合わせた指導をする必要があるでしょう。
今回はすぐ諦める人、諦め癖や逃げ癖がある人の特徴や心理、対処法を解説します。

諦め癖とは

すぐに諦めてしまう人には諦め癖がついていると考えられます。
諦め癖とは仕事に限らず何事も長く続かないため、成果を得たり満足感を得たりする前に諦めて、やらなくなってしまうことです。
最初はやる気があっても途中で諦めてしまう場合や、最初からやる気が起きずに惰性でやってしまった場合もあります。
集中力ややる気が続かないのはなぜでしょうか? すぐ諦める人の特徴から考えてみましょう。。

すぐ諦める人の原因とは?目標にたどり着かないのはすぐ結果を求めるから

すぐ諦める人は考え方が間違っている事に気付きましょう。

大体挑戦すると失敗が率先して先に来ます。そして楽をしようとノウハウを求めます。

だいたいが先にノウハウ(成功事例)を求める人が多いと思いますが、ノウハウを知っても失敗します。

ノウハウを持っていても「なんだ!できねぇーじゃん」って諦めます。

なぜなら考え方が出来ない=辞めようって考え方だからです。

簡単な理屈ですよね?

本当に苦痛で辞めたいとか合わないって理由なら辞めてOKですよ?

成功させるには、ノウハウの前にマインドがあるんです。これをしっかり学ぶ必要があるんですよ。

ではマインドとは何か?

自分が出来ると思っている
失敗と概念がない
根拠のない自信
これをもってのノウハウ(成功)が確立させているんです!

すぐ諦める性格を改善する方法

何をやっても続けられない人が、自己肯定感を高めて、自分に自信をつけることで、すぐ諦める性格を改善する方法があります。



-----



何をするにしても、いきなりすぐにうまくいくといことは、そんなに多くありません。



大抵のことは、失敗しては、そこから学ぶという試行錯誤を繰り返しながら進んで行くことによって、達成されるものです。



ですから、すぐ諦める性格だと、いろいろなことが、自分の望んでいるようにはならなくて、つらい思いをすることが多くなってしまいます。



-----



そんな、何をやっても諦めやすい人が、内面から自分を変えて、すぐ諦める性格を改善する方法があります。



すぐ諦める性格を改善する方法と言っても、精神論にすぎないようなものではありません。



すぐ諦める性格を改善する方法と言っても、単なる叱咤激励に過ぎないようなものではありません。



諦めやすい性格で悩んでいる人が、自己肯定感を高め、自分に自信をつけることで、ポジティブな考え方をするようになって、すぐ諦める性格を改善する方法です。

すぐに諦める人が成功できない理由

「今でしょ? 」で一躍有名になった林修氏、実は借金を成功の原動力に!
一般的な成功した人生と言われている人は、仕事で成功し、財産を築いた人を思い浮かべるのですが、どうでしょうか。

成功と一言で言っても、長い人生がずっと成功の連続だった人はいないわけで、挫折や失敗を繰り返した挙げ句にようやく成功をつかんだ人もいるだろうし、成功なんて無縁だった人がある日思いがけず成功をつかんだり、成功の形は実に様々です。

ここでは諦めないことが成功に繋がった例について解説していきます。

最近でもテレビで観ない日はない林修氏。

バラエティー番組から数々の情報番組でのコメンテーターやMCでの活躍の勢いは止まらないですよね。

元は東進ハイスクールの塾の現代文の講師だった林氏は、なぜここまで成功したのでしょうか。

すぐ諦める人の心理5つ。なぜちょっとしたことで諦めてしまうのか

やる気がない
やる気がない人は、すぐに諦めてしまうことが多くあります。

その物事に対して意欲やモチベーションがないので、すぐに諦めてしまいます。

もし、やる気が十分にあるのであれば、達成するまで頑張ることでしょう。

また、やる気が十分にない人は、そもそも成功する気持ちがない場合もあります。

失敗してもいいや、どうでもいいやなどと考えているので、すぐに諦めても何も思わないのです。

このように、やる気がない人はすぐに諦めてしまう人だといえます。

目標や目的が無いので、諦めても特に何も感じないのです。

2.失敗を非常に嫌う
すぐに諦めてしまう人の中には、失敗を非常に嫌う人がいます。

何度やっても失敗することが自分のなかでわかっているので、これ以上失敗を重ねないように、諦めてしまいます。

自分を失敗から守ってるといってもいいでしょう。

このようなタイプはできることに対しては諦めないのですが、難しいことにたいしてはすぐに諦めようとします。

できることはする、できないことはしない、とはっきりした性格ともいえますね。

1