1. まとめトップ

【衝撃】今夏獲得したヨビッチ、1ヶ月で早くもレアルを去る!!!

レアルマドリードが今夏獲得したクロアチア代表ヨビッチに放出の可能性浮上!!

更新日: 2019年08月15日

1 お気に入り 2065 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

s.n.24さん

レンタル移籍浮上!!

レアル・マドリードは今夏の移籍市場で獲得したセルビア代表FWルカ・ヨビッチを、セリエAクラブにレンタルする可能性があるようだ。14日、イタリアメディア『フットボール・イタリア』がセルビアからのレポートとして報じている。

ヨビッチだが、ジネディーヌ・ジダン監督の信頼を勝ち取ることができず、レンタルで放出される可能性があるようだ。インテルやローマが、レンタル先の候補として挙げられているという。

 ただ、インテルとローマがオプションのつかないレンタルでの獲得を受け入れるかどうかは不透明とされており、スペイン紙『マルカ』はヨビッチにマドリードを短期間で離れる意思はないと報じている。

71億円で加入したがライバルの存在がデカイ

ヨビッチは、フランクフルトから6000万ユーロ(約71億3000万円)の移籍金でマドリーへと加入。新たなストライカーとして期待されていたが、現時点ではフランス代表FWカリム・ベンゼマの方が、レギュラーに近い状況だ。

ベンゼマの壁は厚い。。

ヨビッチはベンゼマとの共存を望む

「ベンゼマは世界でも最高のフォワードの一人。彼から多くを学びたい」と敬意を語ったヨビッチは「僕の考えでは、ベンゼマとは共存できると思う。だけどそれを決めるのはジダンだ」と続けた。

ベンゼマとの共存はできるが2列目のレギュラー争いも熾烈。。

ヨビッチは2025年までレアルと契約

ヨビッチは2017年7月に2年間の期限付き移籍でベンフィカからフランクフルトに加入。シーズン1年目は公式戦27試合出場で9得点2アシストだったが、昨季は公式戦48試合出場で27得点7アシストを記録した。今年4月にフランクフルトが買い取りオプションを行使し、2023年6月までの契約を結んでいたが、レアルがヨビッチと2025年6月までの契約を締結した。

期待されてただけに···

ドイツではキレキレでもレアルでは活躍できない。。

センターフォワードのタイプではない気がする。。

昨季にフランクフルトで公式戦48試合27得点7アシストの記録を残したヨビッチは、今夏にレアル入り。

フランクフルトでの活躍は凄かったな。。。

1