1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●近年、「酸蝕歯(さんしょくし)」が問題となっている?

「歯が溶けてしまう」というと何か恐ろしいことが起きているように感じますが、

むし歯じゃないのに痛い、冷たいものがしみる「酸蝕歯」… 炭酸、スポーツドリンクに注意 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-… や、や、やっだぁ〜 レモン大好きなやけど… 炭酸は控えよう‼︎

大切な知識の1つ 酒好きが老後ほとんど歯がない人だらけになってる理由の1つがこれだと思われる 『むし歯じゃないのに痛い、冷たいものがしみる「酸蝕歯」… 炭酸、スポーツドリンクに注意 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-…

えっ?!炭酸って、炭酸水もダメって事でしょ?強炭酸で毎回れんと飲んでるし、レモンとか酸っぱいものが大好きなんだけど、ダメじゃん!!〓むし歯じゃないのに痛い、冷たいものがしみる「酸蝕歯」… 炭酸、スポーツドリンクに注意 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-…

●そもそも「酸蝕歯」とは?

・pHが5.5以下になると脱灰がはじまるという

歯の表面はエナメル質に覆われていますが、pHが5.5以下になると脱灰(歯の表面からミネラル分が溶けだす状態)がはじまり、歯が溶けはじめます。

生活習慣や食生活によっては「酸蝕歯(さんしょくし)」という歯が溶けている状態になることも珍しくないようです。

・長期間放置すると、歯の形状自体を変えてしまうも?

そうなると、歯のかみ合わせが悪くなったり、歯がやせたりしてしまうので、見た目も悪くなる。

また、歯が溶けて形状が変わってしまうと、ホワイトニングなどの歯の治療がしにくくなることも考えられる。

日常的に摂取している食事や飲み物、ワイン(PH2.3~2.8)や果物、健康酢には意外と多くの酸が含まれています。

・「酸蝕歯」の主な症状とは?

冷たい物や熱い物を、飲んだり食べたりしたときにしみる。

歯が薄くなり象牙質が透けて、黄色っぽく見える。

透けて見える、つやがなくなる、しみる、被せ物や詰め物が合わなくなる、などの症状があらわれます。

・年代を問わず起きる症状?

1 2