1. まとめトップ
  2. ガールズ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

日焼けは軽度の「やけど」。

皆さんも日焼け後は、肌が赤くなったりヒリヒリした痛み、皮が剥けたりしたことがあると思います。

日焼け後は、肌を冷やして炎症を抑える必要があります。一口に日焼けといっても、レベルは様々ですがアフターケアが非常に重要になります。

日焼け後はケアがとても重要

そんなときはそのまま放置せず、なるべく早く十分なアフターケアを行うことが大切です。

紫外線ダメージを軽減するために、自宅でできる日焼けのアフターケア方法を確かめておきましょう。

▼ 日焼け後は72時間がカギ

72時間以上放っておくと、肌にシミやソバカス等が発生してしまうからです。これは紫外線の中に含まれているUV-8によって引き起こされる色素沈着になります。

① まずは「冷やす」

紫外線によって炎症を起こしているので、まずは冷やしてほてりを鎮め、炎症の進行を止めましょう。

肌を冷やす方法は以下のやり方が効果的。

・流水で冷やす
・濡れタオルで冷やす
・氷や保冷材で冷やす
・ミネラルウォーターをスプレーする

② 「保湿する」

赤みやほてりが落ち着いた後は、化粧水で肌にたっぷり水分を補給しましょう。

また、日焼け後の肌は敏感になっているので、化粧水をつける時は強く叩くようにパッティングせず、やさしく丁寧になじませましょう。

③ 顔の保湿には「アロエパック」も◎

日焼けした顔の保湿ケアで化粧水以外にぜひためして欲しいのが「アロエジェル」です。

アロエにはメラニンを抑制する働きもあるので、シミ、そばかすの予防にもなります。

日焼けした顔を癒し、美白効果もあるアロエはまさに「日焼け後の顔のアフターケア」に最適ですね♪

④ 水分やビタミン類を補給する

水分不足のままだと代謝が低下して肌の回復力も遅れてしまうので、十分な水分補給を心がけましょう。

また、日焼け後はビタミン類の補給も欠かせません。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどを、意識的にとるようにしましょう。

食事で補いきれない場合は、サプリメントや栄養ドリンクで補給しても効果的です。

1 2