1. まとめトップ

【婚活・恋活】理想と現実。日常と非日常。理想と非日常プロデュース側になるとモテる

日常と非日常のギャップがよりあるといいかと思います。ある種のギャップ萌えであり、いわば「ゲインロス効果」をもたらす可能性もあります。

更新日: 2019年09月20日

4 お気に入り 3275 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日常と非日常のギャップがよりあるといいかと思います。ある種のギャップ萌えであり、いわば「ゲインロス効果」をもたらす可能性もあります。

puppy22iiさん

女性も男性も、日常の仕事に疲れています。人生をどう生きるのか、どのようにして過ごすのか、子供が欲しい、あんな家を買いたい・・・様々な欲求と現実の間で苦労します。加えて、会社等の組織で、人間関係にも疲れてしまうものです。多くの方が、同じように悩み、同じように苦しみ、そして同じように楽しむと思います。
そんな日常から、たまに離れたいと思うのが常ですが、特に異性とのデートにおいては、非日常感を楽しみたいものです。
特別な時間、特別な空間を意識し、日常を忘れさせる「場」をプロデュースすることが大事になります。

ゲインロス効果とは?ギャップを好印象につなげる方法を知ろう!
ゲインロス効果とは、
周囲に与えていた印象を、ポジティブ、又はネガティブに裏切ることでギャップが生まれ
そのギャップが大きければ大きいほど、強い印象を与えることができる
という心理効果です。
多くの場合、ゲインロス効果という一つの心理効果として扱われる事が多いですが、
実際は、ゲイン効果とロス効果という2つの側面をあわせたものです。

・ゲイン効果・・・
他人に与えている印象を、ポジティブに裏切ることで、評価がプラスになる、好印象を与える。
この時、もともと与えていた印象とのギャップが大きければ大きいほど、評価が大きく上がる。

・ロス効果・・・
他人に与えている印象を、ネガティブに裏切ることで、評価がマイナスになる、悪印象を与える。
この時、もともと与えていた印象とのギャップが大きければ大きいほど、評価が大きく下がる。

お見舞い帰りにお買い物よった時 俊敏にゴミ分別してる金髪おにーさんが居た 見ためで判断はしないけど…ギャップ萌え的なにか…

良い意味でのギャップ萌え、「ゲイン効果」。どんなギャップを女性は喜ぶのか。

乙女ゴコロの本音「白馬の王子様」。ここにトキメキが隠れているのではないでしょうか。

白馬の王子様とは?定義
白馬の王子様とは、女性から見た理想的な男性を指し、「自分を幸福にしてくれる理想的な男性」であり、地位や名誉があり、イケメンでお金持ち、温厚で運動神経が良く、知性や教養を持ち合わせている男性。
ヒロインが苦境に立たされている状況に、颯爽と現れ、救出し、后として迎えてくれる、「白雪姫」「シンデレラ」「眠れる森の美女」などに登場する、乙女が永遠に憧れる様な男性像です。
少女漫画だと「花より男子」花沢類、「ちはやふる」真島太一、「のだめカンタービレ」千秋、「君に届け」風早翔太、「近キョリ恋愛」櫻井ハルカ、少年漫画だと「テニスの王子様」跡部景吾などが、王子様キャラとして定着しています。
子供の頃や、10代までは夢見る女性も多いですが、20代になれば現実を知り、自分のスペックにあった恋愛をする事になっていく。しかし、現実から目を背け理想的な男性を求め続けて拗らせてしまう女性も少なくない。そういう人の多くが「白馬の王子様症候群(シンデレラコンプレックス)」になり、結婚願望はあるのに30代、40代になっても結婚出来ずに独身のままになってしまう。

女子だって、わかってますよ。理想と現実。

認めたくないですよ。
自分がもう女としての賞味期限がきれてるなんて。
自分がもうモテなくなってるなんて

でも、認めないと前には進めないんです!

認めちゃダメって言う人もいると思いますが、
そこは認めないと危ない方向に進んじゃいます。

いるじゃないですか?

今でもいけてると思ってるおっさん

あれの女バージョンになったら困ります。

あのオバサン痛いよって
思われるのだけは勘弁です。

行き遅れ女について一つ言えることは
行き遅れ女になってしまってからではもう手遅れと言うことです。
後でどんなに後悔しても時間は巻き戻せないのです。
年をとってボーダーラインギリギリになってから焦り始めても悲惨な現実が待っているだけです。
晩婚化は進んでいますがそういった環境に甘えず、早い段階で結婚できるように努力しましょう。

わかってますよ。わかってますよ。

ちょっと待って。今回は、妄想の中の「白馬の王子様」から、モテを紐解く回です。

現実逃避中の女性を非難する回ではないんです。ちょっと待って。

出会いに悩む女性が、どういう現実から、どういう理想に逃げたくなるのか、
そこが見えてくると、恋人募集中の男性も乙女ゴコロを掴むヒントがわかると思いませんか??

乙女ゴコロ、こんな理想を描いちゃってます。

その1

主人公化
自分の置かれている状況をすぐに少女マンガやドラマ、映画のストーリーと重ねあわせて分析しようとする。ドラマのストーリーのように話がうまくいくわけもないのに、自分では何もせず、その展開にことが進むことを願っていたりするんです。

恋人募集中の王子様へアドバイス

雰囲気をつくろってまで媚びる必要はないのか?
結婚相談所の立場としては、「媚びてください」という意見に集約されます。なぜなら、お相手様からの印象が悪ければ、その時点で結婚なんて考えられないからです。印象をよくするのは、社会人としての基本的なマナーでもあります。

雰囲気をつくろってまで媚びる必要はない
この価値観は捨てるべきです。ここが「譲れない価値観」であるならば、すぐに修正しないと婚活に成功する可能性が年齢とともに、どんどん低くなります。

1 2 3 4