1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

あゆ役は誰に?..浜崎あゆみ「M」のドラマ化決定に様々な声

浜崎あゆみの過去の恋愛を描いた小説「M 愛すべき人がいて」が来春ドラマ化が決定したという

更新日: 2019年08月17日

8 お気に入り 99256 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

浜崎あゆみの過去の恋愛を描いた小説「M 愛すべき人がいて」が来春ドラマ化が決定したという

solmesさん

▼平成の歌姫・浜崎あゆみ

崎 あゆみ(はまさき あゆみ、1978年10月2日 - )は、日本の女性歌手・シンガーソングライター。かつては女優、モデルとしても活動していた。

1999年1月発売のデビューアルバム『A Song for ××』が約150万枚を売り上げて歌手としてブレイクを果たすと女子中高生を中心に彼女のファッションやメイクを真似する若者たちが増え、マスコミなどから「女子高生のカリスマ」と呼ばれるように

▼過去の恋愛を描いた小説「M 愛すべき人がいて」が出版され話題に

8月1日に発売された、浜崎あゆみさん(40)の暴露本『M 愛すべき人がいて』

▼エイベックスの松浦氏との過去の恋愛が描かれている

音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長との熱愛過去が生々しく綴られた“事実に基づくフィクション”

浜崎さんが1998年にエイベックスからCDデビューすることになったきっかけとなる、同社の松浦勝人社長(当時は専務)との出会いに始まり、松浦社長との交際、そして、1999年末に別れに至るまでが記されている。

浜崎は「もしも誰かに『今回の人生で一生に一度きりだと思えるほどの大恋愛をしましたか?』と問われたなら私は何の迷いもなくこう答えるだろう。『はい。自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました』と」とコメントを寄せている。

▼早くも13万部を超える大ヒットに

初版は5万部で、この日までに2度の増刷で計13万部を発行。同社は「日本文学のジャンルで、このスピードでこれだけの部数が出るのは異例のこと」としている。

発売から今月6日までアマゾンの書籍ランキングの「総合」で7日間連続1位。同じく「日本文学」のカテゴリーでは16日まで17日間連続1位となっている。

▼そんな「M」が連続ドラマ化されるそう

歌手の浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)との交際を初告白した小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が来春、テレビ朝日で連続ドラマ化されることが16日、分かった。

反響を受け、映像化のオファーが相次いだ中、広告代理店関係者によると、テレビ朝日が獲得した。

注目のキャスティングはこれからになるが、スキャンダラスな魅力もある“平成の歌姫”を誰が演じるのか。現役のトップスターをテレビドラマで演じること自体が珍しいだけに、さらに話題を呼びそうだ。

・幻冬社の見城徹社長が「連続ドラマ化が決定しそう」と明かしていた

見城氏は16日、トークアプリ「755」に「[Mー愛すべき人がいてー]の映像化のオファーがたくさん来ている。某テレビ局で連続ドラマ化が決定しそうだ」と投稿。

これをエイベックス・松浦勝人会長もTwitterで引用投稿しており、ほぼ公式発表と見てよさそうだ。

見城徹「[Mー愛すべき人がいてー]の映像化のオファーがたくさん来ている。某テレビ局で連続ドラマ化が決定しそうだ。」 7gogo.jp/q3J7NRXCT9Dz/3… #755アプリ

1 2