1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

貧血とは・・・

近ごろ「疲れやすい」「だるい、めまいがする」「頭が重い、朝起きるのがつらい」といった症状はありませんか。

大したことのないような症状でも実は「貧血」だった、ということが少なくありません。

貧血とは赤血球に含まれる血色素(ヘモグロビン)濃度が低下した状態をいいます。

赤血球は酸素をカラダ全体へ届ける役割をしているため、貧血になると酸素不足になりやすく、めまいや動悸・息切れ、頭痛、倦怠感などの症状が出やすいと言われています。

貧血の80~90%を占めるのが、鉄不足による「鉄欠乏性貧血」といわれています。

貧血は色々な原因で起こりますが、最も多く見られるのが、赤血球中のヘモグロビン合成に必要な鉄が不足して起きる、鉄欠乏性貧血です。

鉄欠乏性貧血になると、貧血で起きる症状と併せて、鉄不足そのものが体に起こす症状も出ることがあります。

例えば、爪の変形、就寝時に足がむずむずして寝付けない「レストレスレッグス症候群」、そしてまれな症状ではありますが、氷を食べたくなるという症状が出る人もいます。

女性に貧血の人が多くみられるのはなぜ?

女性に貧血が多いのは、月経による出血で鉄が多く失われることや、ダイエットによる偏った食生活などの影響があるといわれています。

妊娠中・授乳中は月経が止まりますが、女性は月経で失う量以上の鉄を胎児・乳児の成長に費やしているのです。

ただでさえ女性は毎月の生理や妊娠、出産などで、失う鉄の量は男性の倍以上にもなります。

男性に現れたら危険なサイン!

男性の場合、鉄欠乏性貧血患者は少なく、より重い病気のサインとなっているので注意が必要です。

生理で定期的に鉄分を失う女性と違い、男性は出血しない限り体内から鉄分を失うことはなく、血液を活発につくろうとする男性ホルモンの働きもあり、男性が貧血になる事は通常ありません。

つまり、男性に貧血の症状が現れるという事は、体内のどこかで慢性的に出血しているということになり、次のような病気の可能性が高い確率で考えられます。

男性が貧血になる場合は、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸ポリープ、大腸がんなどの可能性が高く、それらによって体内で出血が起こると貧血を引き起こします。

鉄欠乏性貧血の予防には、バランスのとれた食生活が大切

特に若い女性の場合、生理などで鉄が失われているのに、ダイエット目的の無理な食制限を行い、貧血街道まっしぐらという人も多いようです。

例えば、毎朝、朝食を摂らなかったり、あるいはインスタント食品ばかり食べているようだと、鉄不足を招きやすいといえます。

したがって、毎日の規則正しい食生活を通じ、鉄を摂取することは男女を問わず、とても大切なことなのです。

1 2