同僚は、人混みの中を酷く虚ろな表情でふらふらと通りを歩いていた。道向かいから声をかけるも、聞こえてない様子だった。その時、祖父は気づいた。同僚の傍らに服の裾を引っ張りながらついて歩く5〜6歳くらいの子供がいたのだ。同僚を独身と知っていた祖父は「あいつ、子供いたのか?」と驚いた(続く

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

閲覧注意の怪談…みんなの『お盆だから怖い話する』が鳥肌モノ

Twitterで見かけたお盆だから怖い話する(実話)と呟かれた怖い話が注目されていました。ホラーが苦手な人には閲覧注意です。

このまとめを見る