1. まとめトップ
  2. おもしろ

そうだったのかw…Twitterで見つけた「採用不採用エピソード」

日々生活していれば色々なことが起こるものです。Twitterで見つけた「採用不採用エピソード」をまとめてみました!

更新日: 2019年08月17日

15 お気に入り 46174 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日々生活していれば色々なことが起こるものです。Twitterで見つけた「採用不採用エピソード」をまとめてみました!

isaaccさん

Twitterで見つけた「採用不採用エピソード」をまとめてみました!

○落ち込まないで

今就活してる人いると思うけど、本当に落ちたからって落ち込まないでほしい。弊社の非採用理由、「こいつを採用したら部署に田中が5人目になるから」とか普通にあるから……

@ho_kei_trab 逆に「初恋の人に似てるから採用!」という会社もあります…新卒入社した会社。面接500人もしてたらさすがに面接官も疲れているので…

@ho_kei_trab わかる 「〇〇課の田中さんお願いします」 「すみません、弊社の〇〇課は田中が3人おりまして、 下の名前はおわかりに…」 「知らないよ!メガネかけたヤツだよ!」 とか言われるのを想像すると面倒くさい 誰も悪くないのにとばっちりで怒られるし

○やりたい事言っていい

今の職場の最終集団面接で「どんな仕事でもやりきれますか?」と聞かれ、皆が「はい!」と答える中 「いえ、ヘリの整備をやらせてもらえないのならヤメます」 と答え、落ちたなと思ったら採用でヘリの職場に配属されたので、面接でも遠慮することなく、やりたい事言っていいんだなと思ったのでした

@NET_ARROW23 @JR_Metropolitan 企業側も学生に『何でもやります』みたいなモチベーションがないことは十分わかってます。平気で嘘をつける人より人物をきちんと把握できて、やりたい仕事への動機づけがしっかりしてる人のほうが好印象ですね。

なぜかたくさんRTされて恐縮ですが、SHIROBAKO見てたら丁度面接シーンがありました。 『何でもやるって言葉好きじゃないんだよね。それってつまり、やりたいことがないってことでしょ?』 本当にこの熱意があって、それが相手に伝わる前提があって初めて意味のある言葉ということですね。

○就活の集団面接の話

就活の集団面接の話 面接官『部活から得たものは何ですか?』 同期『仲間と共に一つの目標に向かって努力し、汗を流すことの素晴らしさです!』 ぼく『絶対に炎天下では働かないという決意です』 同期:不合格 ぼく:内定

@tanaka_fs ボクは「ターニングポイント」を聞かれたけど チャーミングポイントを応えたら 内定もらいました。

@tanaka_fs 当たり前のような答えより 考えが豊かな人、自分の意見を主張できる人が通りやすいよね。

@tanaka_fs いいエピソードですね。 会社を経営側から見ると、あながち間違ってはいないのでは? 目標に向かって汗することは大事ですが、それは社会人として当たり前の感覚。炎天下で仕事をさせて倒れられると、労災やら会社の責任やらで自分以外の人たちが大変なことになりますから。

○アクロバティック就活

就活で面接の最後に質問はありますかと聞かれたら普通は企業についてわからないこと聞くけど「日本から犯罪が無くならない理由はなんだと思いますか」って逆質問してその返しで企業のレベルを判断するアクロバティック就活してた先輩最高にクレージーだし内定多数もらった挙句就職しなかったって話好き

その先輩は女性なんだけど服の選び方も変わってて女の子ならたいていかわいい服とかちょっとボーイッシュな服とか選ぶと思うんだけどiPad Airの持ち運びが楽だからというだけの理由でおなかにでかいポケットのついたワンピース着てた。物事の考え方も見えてる世界も違ってた。

○求職者と企業どっちがわがままか?

1 2