1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

harunikuさん

「性行為をやめさせる試み」がイギリスのソーシャルメディア上で賛否両論となってます

英ウェールズ南岸の街ポーチコールにある公園に、トイレ内でのセックスなどを強制的にやめさせる仕掛けが導入されることになり、ソーシャルメディア上で賛否両論を呼んでいる。

地元の情報サイトによると、建て替えの予算は17万ポンド(約2200万円)。有料トイレとする計画だが、料金は決まっていない。

その仕掛けはというと・・・

「暴力的」な行為を検知する動体センターや、2人以上が入ると反応する重量センサーを取り付ける。

異状が察知されると警報が鳴り、ドアが勢いよく開き、冷水が噴き出す仕組みだ。

使用後に毎回床と壁を高圧洗浄し、夜には自動的に10分間の「大掃除」をするシステムも組み込まれる。

イギリスでは夜の営みがお盛んな国の一つです

男性は平均7人の女性と性行為を行っているのに対し、女性は平均9人の男性と性行為を行っており、女性の方が多くの異性と性行為を行っている。

初めて性行為を行った年齢は16歳が最も多く、結婚まで性行為を行わないと答えた人はわずか1%。また、初めて性行為を行った異性が好きな人では無かった女性が半数以上

イギリスは、日本に比べて、平均的に夜の営みの回数はかなり多いと思っていてください。著書にも書いていますが、日本は世界一レスの国です。

【イギリスの若者へのアンケート結果】 初めて性行為を行った年齢は16歳が最も多く、結婚まで性行為を行わないと答えた人はわずか1%。また、初めて性行為を行った異性が好きな人では無かった女性が半数以上。

ちなみにイギリスでは屋外での夜の営み行為は禁止されてます

どこの国も一緒かもしれないけど、イギリスでは基本的にSEXから始まる関係が多いの(笑)。

セックスのハードルが低い分「遊びたいだけ」の人も多そうな気がするので、その辺は見極めて判断する必要がありそうです。

もちろんイギリスでも屋外での性行為は禁止されています。そのため、性行為がCCTVに写ってしまうと、逮捕されてしまいます!

犯罪トラブルに巻き込まれるのを未然に防ぐために導入に踏み切ったとも言われてます

イギリス国内には現在約420万台もの防犯カメラが設置され、世界的に最も防犯カメラの整備が進んでいる国と言われています。

犯人特定に監視カメラ映像が寄与したことで、台数が増えていきました。05年のロンドン同時爆破テロでは、実行犯の特定にカメラ画像を役立てています

性的暴行件数も日本の約15倍と高く、お酒を利用した犯罪も目立ちます。夜のパブなどではスリも多いので気を緩め過ぎないようにしましょう。

これに対してネットユーザーの反応は様々です

イギリスの公園、トイレで性行為する人多くて対策取ろうとするものの対策の仕方間違えて批判めっちゃ上がってるのか…

公共監視先進国のイギリス、今こんなことにまでなってんのか。>英公園のトイレに、性行為を防止する仕掛け導入へ 批判の声も #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

1 2