1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●NGT48が「夢を死なせるわけにいかない」と題した新公演を開催

【御礼】本日、「夢を死なせるわけにいかない」公演が初日を迎えました。 ご参加いただいた皆様、応援のメッセージを送っていただいた皆様、ご協力いただいた皆様、全ての皆様、ありがとうございました。 #NGT48 pic.twitter.com/fUNnPHzMdE

アイドルグループ「NGT48」が18日、新潟市のNGT48劇場で「夢を死なせるわけにいかない」と題した新公演を開催

同グループは昨年12月に元メンバーの山口真帆(23)が被害を受けた暴行事件の騒動の影響で、同所で公演を行うのは約3カ月ぶり。

それ以後、5月18日に山口らの卒業公演が行われたり、ソロ公演や研究生公演などはあったが、通常の定期公演は行われていなかった。

騒動後、NGTは従来の「チームNIII」「チームG」の2チーム制を解体し「1期生」と「研究生」に分けて再出発することを決定。新体制で公演再開のスタートを切った。

・公園前に支配人が登壇「メンバー・スタッフ一同、ひとつひとつ頑張って参りたいと思います」と挨拶

公演が始まる前に早川劇場支配人が登壇し、「こうして今日の日が迎えられたのは日頃から応援してくださているファンのみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。

NGT48が新潟にあってよかったなと思っていただける方が一人でも増えるようにメンバー・スタッフ一同、これからできることをひとつひとつ頑張って参りたいと思います」と挨拶。

この日、早川麻依子劇場支配人は「皆さまから心から応援してもらってからが真のスタートだと思っています」と決意表明していた。

その後、「楽しんで帰ってください」「頑張るぞー!」など、メンバー34名全員からのメッセージ映像が上映された。

●NGT48・中井りかさんは「戻って来られたのは、ファンやスタッフさんのおかげ」

MCでメンバーの太野彩香(22)は「(公演の)タイトルは、今の私たちの気持ちを表していると思います」。

中井りか(21)は「このステージに戻って来られたのは、待っていてくれたファンの皆さんやスタッフさんのおかげ。これから一緒に時を過ごしていきたい」と話した。

●自己紹介MCになった際には、本間日陽さんが「ステージにみんなで立てることが本当に嬉しいです」と挨拶

オープニング曲の「ロマンス、イラネ」が始まり、新しい公演が「夢を死なせるわけにいかない」公演だと分かると会場からはより大きな歓声が上がった。

序盤の4曲が終わり、自己紹介MCになった際には、本間日陽が「こうして初日公演のステージにみんなで立てることが本当に嬉しいです」と挨拶。

他にも、山田野絵の「ただいま!」、佐藤杏樹の「会いたかったよ!」といった笑顔での挨拶が続き、この日を心待ちにしていたファンと喜びを分かち合った。

●アンコールのMCには、西潟茉莉奈さんが「真実ではない報道が広まってしまって…」と号泣

アンコールのMCでは最年長の西潟茉莉奈(23)が「今日を迎えるまで真実ではない報道が広まってしまって…」と号泣。

「メンバーみんなが苦しんだけど、言われているようなことが真実なら、このステージには絶対に立てません」と訴えた。

・さらに「皆さんのおかげでNGTを再開することができました」などと語った

さらに「私たちのためにサポートしてくださったスタッフさん、関係者の皆さん、何よりこのような状況でも応援してくださるファンの皆さんが信じて待ってくださったおかげで、

NGT48劇場は再開することができました」と感謝。「このような状況でも、NGT48はみんなで一歩一歩、頑張っていきたいと思います」と誓った。

1 2 3