1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

もし煽り運転をされたら・・。

誰にも起こりうる事なんです。

▼ まず「あおり運転」されない事が大事

① 車間距離を詰めすぎない

前の車に近づきすぎると、相手に「あおられている」と勘違いされ、逆に自分があおられる原因となってしまうこともあります。

② 無理な車線変更は行わない

後続車が煽り運転に至ってしまう原因には、自車が無理な車線変更をおこなって後続車を危険な目に合わせてしまったが故の報復行為も考えられます。

自分の無理な車線変更が、煽り運転の原因となることもあります。後続車のドライバーを刺激して、煽り運転のきっかけを作らないためにも無理な車線変更は行わないように注意しましょう!

③ 「赤ちゃんが乗っています」ステッカーもあおり運転対策に効果的

「BABY IN CAR(赤ちゃんが乗っています)」等のステッカーをリアガラスに設置することで、後続車のドライバーの煽ってやろうという攻撃的心理は抑制されます。

車内に赤ちゃんがいると思えば、煽り運転をして危険な目に合わせてやろうという行為は自制されます。

運転中に煽られてしまうと、気が動転してしまうという方は赤ちゃんステッカーを設置しましょう!

④ ドライブレコーダーあるいはダミーカメラやドラレコステッカーを設置する

リアガラスにドライブレコーダーあるいはダミーカメラを取り付ける事も、後続車に煽られないための対策法の一つです。

後続車が何かしらの理由で煽り運転をしようと思う衝動に駆り立てられても、先行車のリアガラスにドライブレコーダーらしきものが設置されていれば、自分の挑発運転が映像として保存される事を嫌って冷静な気持ちへと成り得るので、煽り運転の抑止効果が働きます。

▼ もし「あおり運転」をされた時は

① 相手を先に行かせる

あおりを仕掛けてきた人はイライラしている場合が多いので、やり返すようなことはせず、先に譲るのが最善策の撃退法です。

挑発するような態度を見せたり、負けん気を出したりしてはいけません。

② 高速道路上には停車せず、サービスエリアやパーキングエリアなど安全な場所に停車

1 2