1. まとめトップ

NY中心部で不審物騒ぎも…その正体は「アレ」だった

不審物を発見した場合は絶対に近づかないように!

更新日: 2019年08月19日

1 お気に入り 2497 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■ニューヨーク・マンハッタンで「不審物騒ぎ」

Three abandoned devices that looked like pressure cookers prompted an evacuation of a major lower Manhattan subway station and closed off an intersection in another part of town Friday, August 16 morning before police determined the objects were not explosives. (AP) pic.twitter.com/cZCW4NQput

NYのマンハッタンで現地時間16日朝、地下鉄構内や路上で複数の不審物が見つかり、乗客や住民が一時避難する騒ぎがあった。

■詳細

駅や路上で計3つの不審物を発見

午前7時頃、ワールドトレードセンターや証券取引所に近いフルトンストリート駅付近で、2つの不審物を発見。

その2時間後には、同駅の北にあるチェルシー地区の16丁目でも不審物を1つ発見。

周囲は大混乱となり、市内は緊張に包まれた

フルトンストリート駅では直ちに避難措置が取られ、地下鉄2路線が運転を見合わせ、他の路線の電車も同駅を迂回して運行。

当時はラッシュアワーの最中だったため、周囲は大混乱となり、市内には緊張が走った。

■その後、不審物は「空の炊飯器」だと判明

Our @NYPDCT Bomb Squad has cleared the devices inside of Fulton Street subway station in Lower Manhattan. They are NOT explosive devices. Out of an abundance of caution officers have searched nearby stations. pic.twitter.com/Y32I9DFEDf

爆発処理班が出動して不審物を調査したところ、いずれも爆発装置ではなく「空の炊飯器」だと判明。

ニューヨーク市警は26歳のホームレスの男を逮捕

17日午後、ニューヨーク市警察はウエストバージニア州出身でホームレスのラリー・K・グリフィン容疑者(26)を逮捕

同容疑者は過去8年間に少なくとも3度逮捕されており、精神疾患を抱えているとの証言もある。

現在、薬物の過剰摂取により近くの病院に搬送されており、警察は動機の解明を進めている。

■現場近くでは、2016年に圧力鍋を使用した爆発事件が起きていた

現場近くでは、2016年にイスラム過激派の思想に影響を受けた男が手製の圧力鍋爆弾を爆発させ、31人が負傷する事件が発生。

2001年の同時多発テロ以降、襲撃事件が起きていなかったニューヨークにパニックを引き起こしていた。

圧力爆弾でも作りたかったんだろうか。でもたぶん、炊飯器じゃ密閉力が弱いよな。

これ、本当に何のつもりで置いたんだろう…空だったって書いてあるけれど、本当…? 炊飯器を爆弾したテロが実際に起こっているから、明らかに悪意がある行為だよね… 日本でもそうだけれど、実際の被害がなくても、こういう行為についてはきちんと断罪してほしい。 twitter.com/CNN/status/116…

■近年、多くのテロで使用される「圧力鍋爆弾」

どんな爆弾?

1 2