1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『Heaven?~ご苦楽レストラン』だけじゃない!「志尊淳」のおすすめ作品

2019年7月期夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』にメインキャストで出演中の「志尊淳」のおすすめ映画・ドラマ7作品。『表参道高校合唱部!』、『植木等とのぼせもん』、『女子的生活』、『半分、青い。』、『潤一』、『帝一の國』、『走れ!T校バスケット部』。

更新日: 2019年08月28日

2 お気に入り 8748 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【ドラマ】

◆『表参道高校合唱部!』(2015)

脚本:櫻井剛 ほか
出演:城田優、芳根京子、志尊淳、吉本実憂、森川葵、堀井新太、高杉真宙、萩原みのり、泉澤祐希、葵わかな、高畑淳子、堀内敬子、川平慈英、平泉成

合唱が大好きな転校生が歌の力で学校にミラクルを起こす青春学園ドラマ。香川で合唱に打ち込んでいた香川真琴は、転校先の表参道高校でも活動する気満々だったが…。

志尊淳と芳根京子

表参道高校合唱部、最後まで後味爽やかで、オモコーはしみじみと傑作だったな…。 キャスト皆初々しくて、でも皆演技上手くて。特に森川葵さん志尊淳くん芳根京子さんがやはり目を惹く。泉澤祐希くんも「ちゃんぽん食べたか」に続いて演技光ってたし。 #表参道高校合唱部 #森川葵 #志尊淳

表参道高校合唱部やばかった。 最終回泣ける。 志尊淳くんイケメンすぎ。 演技うますぎ。 ほんとトッキュウジャーの頃から志尊淳くん大好き。 写真集まで買ってるもん笑 #表参道高校合唱部

◆『植木等とのぼせもん』(2017)

原作:小松政夫
脚本:向井康介
出演:山本耕史、志尊淳、山内圭哉、浜野謙太、武田玲奈、でんでん、坂井真紀、富田靖子、山本彩、高橋和也、勝村政信、優香、伊東四朗

「スーダラ節」を歌い、「無責任男」として知られた植木等(山本)と、付き人兼運転手として植木を支え、後に小松政夫として活躍する松崎雅臣(志尊淳)。師弟以上の強い絆で結ばれた2人の名コメディアンが、昭和を駆け抜けるさまを描く。

志尊淳(右)と山本耕史(左)

笑いもあって言葉とかがすごく深くて心が温かくなるドラマでした! じゅんじゅんの涙に何回やられたことか、、、。 最後まで号泣でした。 小松政夫という新しい志尊淳が見れて良かったです 植木等とのぼせもん最高でした。ありがとうございました☺︎ 【@jun_shison0305pic.twitter.com/lU9TlvyMys

◆『女子的生活』(2018)

原作:坂木司
脚本:坂口理子
出演:志尊淳、町田啓太、玉井詩織、玄理、小芝風花、羽場裕一

志尊淳主演で坂木司の原作を実写化したドラマ。可愛い女子的な生活に憧れて都会に出てきたOL・みき。実は彼女は体の性別が男性というトランスジェンダーだった。そんなみきの下に学生時代の同級生・後藤が助けを求めて訪れる。

志尊淳(左)と町田啓太(右)

志尊淳さん主演の女子的生活というドラマが面白かった。 これは傑作。NHKは良いドラマを作ったと思う。

女子的生活は神作。みきちゃん(志尊淳)は田舎から上京して、女の子であることを受け入れてくれる職場や彼女とキラキラで可愛い生活を送っている。しかし突然、男性としての自分しか知らない同級生が現れ、共同生活をする羽目に、、。彼女の清々しく大人な振る舞いに惚れ惚れします。ぜひ見てね〜 pic.twitter.com/uQ1o7H2XOC

◆『半分、青い。』(2018)

脚本:北川悦吏子
出演:永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一、佐藤健、原田知世、谷原章介、中村倫也、清野菜名、志尊淳、矢本悠馬、奈緒、井川遥、豊川悦司、中村雅俊

北川悦吏子脚本のオリジナル作品。ヒロイン・鈴愛(すずめ)が高度経済成長期からバブル期、そして低成長時代へ、幾多の失敗にもめげずに七転び八起きの人生を駆け抜ける姿を描く。

ボクテと言えば、鈴愛と裕子と話している時のモードが以前より女子寄りになってて、そこにボクテが独り立ちしてからの気持ちの切り替えとある種の開き直り、時間の経過が見えた。プラス『女子的生活』とは演技スタイルをきっちり変えてくる #志尊淳 さん凄いな、と。 #半分青い

声だけで分かる。 見える。 ボクテの表情や心の動き。 『鈴愛ちゃん、ボクテ。』この短い台詞に込められた志尊くんの想いと演技力の凄さに朝から涙が止まらない。 #志尊淳 #半分青い #ボクテ pic.twitter.com/cE7Fj1Rcjt

◆『潤一』(2019)

原作:井上荒野
脚本:砂田麻美
出演:志尊淳、藤井美菜、夏帆、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子

無職・宿無し、気まぐれに女から女へと渡り歩く潤一。6人の女のそれぞれの孤独な日常の隙間に、潤一はいつの間にか現れて、消える。潤一はどこから来て、どこへ行くのか。雲のごとく流れゆく6つの恋---。

1 2