あのカイジも。日本の人気作を「中国がリメイク」したら…

日本の作品が、中国でリメイクされているのをご存知ですか?最近では、人気漫画『賭博黙示録カイジ』の映画化や、『深夜食堂 中国版』が話題に。元々、日本ドラマや映画は中国で人気が高いですが、中国独自の演出やストーリー展開を加えた"中国版リメイク"が、密かに注目を集めています。

更新日: 2019年09月28日

10 お気に入り 89481 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

中国で日本作品のリメイクブーム

アマゾンプライムで配信されていた、ドラマ『東京女子図鑑』。中国版リメイクされたタイトルは、『北京女子図鑑』と『上海女子図鑑』に。

中国の動画配信サイト・優酷は、「東京女子図鑑」の著作権を持つワタナベエンターテインメント及び東京カレンダーと、中国版の「北京女子図鑑」、「上海女子図鑑」を製作することで合意した。どんな物語になるのか楽しみだね。 pic.twitter.com/wiIsufr4jC

「東京女子図鑑」と同様に、都会で働く独身女性の成長物語を描く。

「北京女子図鑑」は配信サイト「優酷(Youku)」で12億回のクリック数、中国ソーシャルアプリの微博(ミニブログ)で11億回の閲覧数と160万のコメント数、微信(ウィーチャット)で300万の日別微信指数(注)を記録

地方から大都市に出て働く主人公に、中国の出稼ぎの若者たちが共感しまくっているとか。

「東京女子図鑑」の中国版「北京女子図鑑」のポスターが初公開された。人気女優・戚薇(チー・ウェイ)が主演を務め、独身女性が一人大都市で暮らし働く、リアルな様子を描く。#カルチャー pic.twitter.com/36MfHF5uIQ

日本のリメイク作品は他にも…

ざわざわっとする、中国版『カイジ』

「カイジ」といえば、その世界観や極端な心情描写など、そもそもぶっ飛んでいる作品だが、本作はぶっ飛び具合がグレードアップ

一番の特徴は幼い頃に両親が何者かに襲われたトラウマから、感情が高ぶると別人格「スーパー・ピエロ」が出現、周囲の人間が醜悪な怪物に見えて、自身も獰猛かつ好戦的な性格に発露する

主人公が、原作とまったく別人。

さらに、豪華なのはビジュアルだけでなく、なんとハリウッドを代表する大スター、マイケル・ダグラスが出演

原作の利根川に当たる役どころを演じる、マイケル・ダグラス。

中国版の実写カイジの『動物世界 カイジ』はお馴染みのゲーム、限定ジャンケンの一点絞りのお話ですが、カイジに謎のピエロ設定が加わり合間にピエロバイオレンスを盛り込む事で飽きさせない見事な中国独自の凄いカイジに仕上がっていて良かったです。是非ブレイブ・メン・ロード編もやって頂きたい pic.twitter.com/wfgZZzdRBF

これは、気になりすぎる!!

中華料理が食べたくなっちゃう

上海を舞台にレオン・カーフェイ演じるマスターが公設市場で食材を買う場面や、ワンタンや中国風の麺を作る風景などが盛り込まれ、衣装も「板前風」ではなくなっている。

中国リメイク版「深夜食堂」マスター役レオン・カーフェイらのビジュアル公開(動画あり) natalie.mu/eiga/news/3421… #深夜食堂 #レオン・カーフェイ pic.twitter.com/zJ6O3b0znK

中国で8月30日に公開されます。

昨年、中国ではドラマ化されており『深夜食堂』の注目度の高さが伺える。

中国語で「僕は、死にません!」

2013年に中国で公開され、興行収入30億円を突破するほどの人気に。

1991年にフジテレビ系で放送された大ヒットドラマを原案に、台湾の女優リン・チーリン、ホアン・ボーの共演で、一途な男ホアンと心に傷を負った美ぼうのチェリスト、イエの恋を描く

1