1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

お風呂のカビが気になる夏場。

そして、多くの人が、浴室にカビが生える理由を「湿度が高いから」と認識しているかもしれません。実は、カビが生えるには湿度の問題だけではないのです。

カビの生育には、温度・湿度・栄養の3条件が必要。いいかえれば、それらが揃わなければカビは生えないということ!

カビを発生させないために、今すぐ使える効果的なポイントをご紹介します。毎日の習慣にして、カビの生えにくい環境作りをしましょう!

お風呂のカビは50度の熱湯で死滅する!

1日の最後には、壁や床や小物など浴室全体にお湯のシャワーを十分にかけて、飛び散った汚れをしっかり洗い流しましょう。

カビは高熱に弱いので、お風呂上がりにシャワーで50℃以上の熱いお湯をかけると簡単に撃退できます。

1ヶ所あたり90秒ほどかけると奥深くまで入り込んだカビも根絶できます。

お湯のシャワーをかけたあとは、冷水にして、さっと流し、浴室全体の温度を下げるのもカビ防止には効果的です。

浴室のクールダウンのために、お風呂上がりに水のシャワーをかけている方も多いと思います。

でも実は、水のシャワーをかけると浴室内に水滴が残りやすくなってしまい、逆にカビが生えやすい環境を作ってしまう場合があるのです。

冷水ではカビを除去するのは効果があまりないですが、浴室の温度を下げるのは効果的です。

お風呂上がりに、タオルで水を拭き取る

カビを生やさないため、水垢をつけないためにも毎日水滴を拭き取ります。

まずは、水切り用のワイパーを使って(スクイジー)を浴室内の水をどんどん切っていきましょう。

マイクロファイバーの繊維は汚れの奥まで入りこみ、かき取る効果があります。

水回りの汚れは、しつこい水アカやびっしりはりついた湯アカなどが多いため、繊維のかき取り効果が発揮される掃除場所です。

換気扇は24時間使用する

換気扇を回すことで浴室内の湿気が外に追い出されるため、カビの発生を抑えることが期待されます。

ただし換気扇の効果が発揮されるのは、スイッチを入れて稼働している間のみです。スイッチを切ったとたん、逃した湿気が再び浴室内にとどまってしまいます。

換気扇は「つけっぱなし」にしても電気代がそんなにかからないので、必ず使いましょう。

他にも、24時間換気扇を回しておくことで、石鹸カスや髪の毛などのゴミから発生する悪臭を防ぐ効果もある。

1 2