1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

決定的瞬間…木星に「相当な大きさの隕石」が衝突か

それでも無事…木星さん半端ないっす!

更新日: 2019年08月20日

19 お気に入り 50117 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■太陽系最大の惑星である「木星」

直径は地球の約11倍、体積は約1,300倍、重さは約318倍で、水素とヘリウムを主成分とするガス惑星。

太陽系の他の惑星すべてを内側に収めることができるほど

その大きさ故に、古代から知られて観測されており、多くの文明で神話や信仰の対象となっている。

■そんな木星に「隕石」が衝突したらしい

木星に隕石が衝突する瞬間の映像が、アメリカ・テキサス州在住のアマチュア写真家によって撮影された。

■詳細

8月7日4時過ぎに閃光を観測

Two views of #Jupiter early on 7 August 2019 with the flash I recorded. Left shows the moment of impact at 4:07 UTC. Right is an RGB image. pic.twitter.com/xPmS8MMFhc

8月7日4時過ぎ(UTC)、はペルセウス座流星群を観測するため、天体望遠鏡を木星に向けたままで録画を続けていた。

後日、その映像データを自動解析ソフトに入力してみたところ、閃光が検出されたというアラートが。

改めて映像を確認すると、木星の南赤道ベルト(SEB)と呼ばれる茶色の帯の東側あたりに、約1秒半の閃光が確認できたという。

衝突した隕石は「相当な大きさ」

Here's an animation that's more representative of how fast the flash on #Jupiter occurred. Unfortunately, I couldn't make this work without cutting out 6 frames for every 7. pic.twitter.com/POQynVOlA8

衝突の痕跡のようなものはまだ確認されていないが、木星の稲妻の光やオーロラではない可能性が高い。

映像ではたいした衝突には見えないものの、木星の巨大さを考慮すると、今回の隕石は「相当な大きさ」だったと考えられている。

また木星兄貴が隕石から守ってくれたんか、ほんま惚れるで

■様々な困難を乗り越えてきた太陽系の惑星たち

太陽系が形成される過程で小惑星等が衝突を繰り返し、現在の惑星が完成したと考えられている。

■特に、巨大な木星は桁違い

木星の強大な重力は、太陽系内の多くの惑星や小惑星に大きな影響を及ぼしている。

この重力によって火星との間に無数の小惑星が漂う「小惑星帯」が形成されているため、木星の隕石落下頻度は地球の約2000~8000倍と言われている。

■巨大惑星との正面衝突も経験!?

NASAの木星探査機「JUNO」が行った重力測定の結果、木星中心核は想定よりもずっと巨大で希薄、しかも重元素に富んでいることが明らかに。

1 2