1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

気候アパルトヘイト現象も…インドの水不足がめっちゃヤバそう

インドの水不足が深刻な状況となっています。これにより、富裕層しか資源を得ることができない「気候アパルトヘイト」という状況になりつつあるといいます。

更新日: 2019年08月20日

6 お気に入り 20133 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■インドの水不足がヤバい

総人口世界第2位のインドの水不足が深刻だ。インド各地でおよそ1億人が、全国的な水危機の最前線に立たされている

チェンナイが今年、熱波とモンスーンの遅れに見舞われた。幾つかの淡水湖が干上がり、抗議活動や暴動を招いた。

■地下水が年々減りつつある

インドで供給される水の4割を占める地下水が年々減りつつある。他の水源も枯渇しつつあり、インド政府の中央水委員会(CWC)は今年6月、インド国内の貯水池の約3分の2で基準水位を下回っていると発表

水に関する極めて高いストレスを抱えた国は平年、入手可能な地表水・地下水の最大80%を使っており、小規模な雨不足でも深刻な影響をもたらしかねない

「過剰取水により全国で54%の井戸の地下水位が低下、2020年にインドの主要21都市で地下水が枯渇し、1億人に影響が出ると予想される」

■温暖化が原因とされている

世界の33%の人が必要なときに必要な量の水が得られない水不足地域に住んでいます。それが4°C温暖化すると47%〜50%になり、約5割増えてしまいます

長期的な予測では、異常気象はさらに悪化し、洪水の頻発化と、より長期的な干ばつをもたらす。

世界の食糧生産の4割以上を支えている灌漑農業は、その生産量を維持することが難しくなっています。このままでは大規模な食糧不足は避けられない

■「気候アパルトヘイト」という現象が起こる可能性も

国連の人権専門家Philip Alston氏は、気候変動により「気候アパルトヘイト」とも呼ぶべき現象が起きる可能性を指摘している

何億もの人々が生活の維持に必要な水や食料、住居といった基本的権利を確保できなくなり、民主主義の原則が損なわれている状況に置かれる

■貧しい国が影響を受ける

世界の最貧層の二酸化炭素排出量はわずか10%だ。にもかかわらず、彼らは気候温暖化による悪影響の75%を負担する

結果として地域社会の不満や不平等が拡大、そして一部のグループによる略奪が発生する高まるとしている。

■干ばつの影響はタイにも

ここ数十年で最悪の干ばつに見舞われているタイでは、ダムのため水没していた寺院が姿を現している

池の底に隠れていた古代寺院ワット・ノン・ブア・ヤイが現れた。高さ4メートルの仏像が姿を見せ、参拝者や観光客の注目を集めた

政府は、被害が進行している地域への救援を急ぐとともに、銀行に対しても低利融資を行うなどの支援を求めている

1 2