1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

夏帆が妻夫木聡と濃厚ラブシーン!映画『RED』が楽しみ

美少女CMでブレイクし、近年は大人の女優にシフトチェンジした夏帆。島本理生の官能小説に基づく映画『Red』に主演決定。夏帆は既婚者女性役で、元カレ役の妻夫木聡と濃厚なラブシーンに挑む。監督は『幼な子われらに生まれ』の三島有紀子。

更新日: 2019年09月20日

7 お気に入り 33443 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆美少女CMでブレイクした夏帆

『プチレモン』や『Pure2』などの雑誌でモデルを務めていた夏帆は、2003年、期間限定の6人組アイドルユニットSnappeasのメンバーになり、初めてのテレビ番組に出演を果たしました。

新人美少女タレントの登竜門’とも呼ばれる『リハウスガール』。11代目の夏帆(Kaho)も、CM出演を機にブレイクを果たした。

◆女優としても早くから高く評価されてきた

『天然コケッコー』(2007)

夏帆と岡田将生

2004年の「銭形零」で本格的に女優デビュー。以後、「エンジン」「女王の教室」などにレギュラー出演する。

2007年の主演映画『天然コケッコー』での演技が高く評価され、日本アカデミー賞をはじめ多くの賞で新人賞を獲得。

翌年の『東京少女』『うた魂♪』ほかでも主演を務め、女優としての地位を築く。以降、映画、ドラマ、CM、バラエティなど多方面で活躍。

◆近年は大人の女優にシフトチェンジ

『潤一』(2019)

夏帆と志尊淳

夏帆は、清純派女優として10代から活躍してきたが、20代を迎えて大人の女優に変貌。

夏帆が演じるのは、元恋人・達也(忍成修吾)にそそのかされてAVに出演した過去を持ち、常に彼の存在に怯える藤沢美代子というキャラクター。夏帆は、美代子の心の機微を繊細な演技で表現するとともに、体を張ったこん身のシーンに挑んだ。

『友罪』(2018)

20代前半での最初のギアチェンジを経て数年、20代の半ばに差しかかったここ最近で、さらにもう一段、新たなステージへと歩みを進めた。

◆そんな夏帆が映画『Red』に主演し、妻夫木聡と共演する

女優の夏帆が、直木賞作家・島本理生の官能小説に基づく映画『Red』(2020年2月公開)で主演を務め、妻夫木聡と初共演する。

夏帆が演じる主人公は、平凡な結婚をし可愛い娘に恵まれ、“何も問題のない生活”を過ごしていたはずの村主塔子。

10年ぶりに再会した昔の恋人・鞍田秋彦に心の隙間に悪魔のように入り込まれ、その運命は予想もしない方向へと走り出していく。

◆賛否両論を呼んだ原作を三島有紀子監督が映像化

本作は、松本潤主演の映画『ナラタージュ』の原作者としても知られる島本が、2015年に優れた恋愛小説に贈られる第21回島清恋愛文学賞を受賞した同名小説に基づくもの。

監督は 2017年『幼な子われらに生まれ』で家族の心の機微と心理を鋭く描き出し、第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別大賞など数々の賞を受賞した三島有紀子監督。

◆夏帆は濃厚なラブシーンにも挑戦

夏帆は、鞍田の危険な求愛に心を激しく揺り動かされる女性を繊細かつ大胆に演じ、更なる新境地を開拓する。

1 2