人物
常に好奇心旺盛で未知なるものの探求に魅力を見いだす、華やかな女性。
生前には多くの社交界を渡り歩き、エジソンやベルといった強い個性を有する天才たちとも交流し、時には権威主義者たちや魔術協会の面々と渡り合った彼女はこと調停に長けている。
自分には厳しく、他人には優しい性格もあいまってか多くのサーヴァントが集う場であれば、その性質は「面倒見のよいお母さんないしお姉さん」に映ることもある。実際、当人も「お母さん」でもいいと満更でもない反応をしており、今更トシを気にしないと語っている[注 1]。
一般的な魔術師とはかけ離れた社交的な人格者であるが、彼女もまた自己主張の強い天才の一人なのか、若干高飛車で人を顎で使うことにもまったく抵抗がない。「凡人」に対してはさほど興味を惹かれないが、「見込みあり」と認識した対象に関しては逃がすつもりはない。
史実同様、東洋哲学に傾倒気味であり、特にインドについては「魂の故郷」とまで言い切る。加えてオカルトに造詣が深く、時折陰謀論めいた言動もある。

出典エレナ・ブラヴァツキー - TYPE-MOON Wiki

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【FGO】エレナ・ブラヴァツキーとは?背景、性能からかわいい動画までまとめ!【ママ】

FGOの大人気キャラクターエレナ・ブラヴァツキーとは?いまさら人に聞けない初歩的なことからしっかりとまとめました!

このまとめを見る