1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

就職や就活で強い資格を紹介。

引用元

▼おすすめ資格

TOEIC L&R

TOEICのスコアは新卒採用で550点、中途採用だと700点以上あれば就活で有利に働くと言われています。TOEICの期待スコアは年々上がっているようなので、点数に甘えることなく、就活後も英語力の向上を目指す必要があります。

簿記

就活生が簿記の資格を取得するなら、日商簿記検定の2級または1級を目標にしましょう。3級は、簡単な経理処理や青色申告の書類などの商業簿記問題が出されます。

とっておくと経理関係の仕事がスムーズにできますが、職種によっては3級は取れて当たり前と思われてしまいます。財務諸表の内容が出題される、2級以上の取得が好ましいでしょう。

日経TEST

日経TESTとは、「経済知識」とその知識を仕事に活かす力をあわせた「ビジネス基礎力」を客観的に測って診断するテストになります。

ビジネス基礎力は、これから社会人になる人に必要な力です。その基礎力をつけておくと、入社後一目おかれます。入社後に役立つ資格なので、社会人になるための準備として資格取得すると良いです。

MOS

MOSです。Excel、Word、PowerPointをはじめとするオフィスツールをどれだけ使いこなせるかが指針となる資格です。

MOSを取得しておくと、即戦力として仕事を任せられるでしょう。まったくオフィスツールを使ったことがないという新人に比べて、MOSを取得している新人は上司が教育をせずとも仕事をこなせるのです。

秘書検定

秘書検定の資格を持っている人は、ビジネスマナーが備わっているというイメージが強く、採用担当者からも非常に好印象を持ってもらえるでしょう。

女性が秘書検定を持っていると特に印象が良く、就職活動でも有利になります。秘書検定を持っていることで、社会人として必要な基礎的な能力やマナーが身に付いていることがわかりますし、基礎ができていれば好印象です。

FP技能検定

ファイナンシャルプランナーは、お金に関する幅広い知識を活用しながら、相談者の夢や目標を叶えるためにサポートする仕事です。

銀行員や税理士など、金融業界への就職を検討している人は、ファイナンシャルプランナーを取得しておきましょう。

公認会計士

公認会計士は国家資格であるため、就活において採用担当者の目を引くことができるでしょう。

1 2