1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

momonga777さん

元々俳優の小澤さんが、女優の杏と交際していたが、滝川クリステルとデートをし、滝川クリステルを取って杏とは別れた。

のちに杏は、俳優の東出さんと結婚し子供をもうけている

滝川さんは、家で専業主婦に収まりそうにないですもんね。あとこの小澤さんのお父様、世界的指揮者が入院したときに身内が誰も見舞いに行かなかったのを聞き、それをクリステルさんが実母に相談すると、そういう家とは相容(あいい)れないほうがいいといったそうです。

小澤家って家柄いいし、小澤征爾は何か見抜いてたのかな?って思う。

▼このたびの妊娠&結婚報告 (小泉進次郎&滝川クリステル)

総理大臣をした父親を持つサラブレッドの政治家男性だし滝川さんは今度こそ、この大物は逃すまいと思っただろうな。進次郎氏は避妊具などおちおちコンビニや薬局などに普通に買いにいけないし、滝クリがもう無くてもいいよ⇒子できたら結婚にもちこめる、だったのかもしれない

2人はかねて友人関係だったが、昨年、急速に距離を縮め交際に発展。今年に入り、滝クリの妊娠が判明し、〝電撃デキちゃった婚〟となった。

出典ニフティニュース

「いや~本当に驚きました。政治記者の間では、進次郎氏のお相手は滝川さんではなく、別の女性では? と囁かれていたのですから」とは永田町関係者。

出典ニフティニュース

実は進次郎氏のお相手として以前から浮上していたのは、女性弁護士

進次郎氏本人に事実関係の〝当て〟を行った社もあり、滝クリとの結婚発表直前にも某メディアが〝女性弁護士説〟を調べていたといわれている。進次郎氏を知る関係者の話。

出典ニフティニュース

「どこから女性弁護士というワードが出てきたかは謎ですが、火のないところに煙は立ちませんからね。二股だったかはさておき、進次郎氏は滝川さんと交際後もふわっとした感じで、結婚一直線というわけではありませんでした。

出典ニフティニュース

まぁ両親が離婚してるから、そうなりますよね、結婚に理想がもてないというか、

周囲には『結婚は諦めた』と話していましたし。やはり子供を授かったことが大きかったのでは?」

まぁ女性側からすれば、妊娠すれば、結婚してくれないと籍のない子供でかわいそうじゃないとかお父さんのいない子にしてしまうの?そんなの可哀そう!とか攻め所満載ですからね。

攻められたり、諭されれば、男は単純なので、そうか・・・俺が軽率な行動をして子供ができたんだから責任はとらんといかんな!俺の子だしなとなるわけで。

夫婦は滝クリの方が3つ年上の〝姐さん女房〟となるが、前出関係者は「進次郎氏が物色していたのは年下。

出典ニフティニュース

良い家柄のお嬢さんを希望していたそうですが、そういう子たちはすでにお嫁に行っていた」という。

そう考えると、結婚までの道のりをリードしたのはやはり滝クリ

「滝クリにとっては今回がラストチャンス。ブレーンは彼女の母親Mさんでしょう。親子は仲が良く、共著で書籍を出版するほど。Mさんはステージママとは言えないまでも、仕事の窓口になったり、娘の現場に一緒について回ることもある。今回も娘から『どうすれば小泉進次郎をモノにできるか』と相談され、的確にアドバイスしたのだと考えられる」(スポーツ紙記者)

出典ニフティニュース

滝川クリステルのデキ婚の理由はコンドーム嫌いが原因?

そんな滝川クリステルさんですが、フランスの血が入っているハーフであるということで、性生活もフランスの気質があるのだと言われております。

「フランスは籍を入れなくても夫婦同様の性生活をする。滝クリはゴム嫌いらしい。
(女子アナ・ライター)

なんか、下ネタ過ぎて、下世話だけど、そういう記事あったのよ、ごめんなさいね

ソースは週刊実話であり、伝聞も女子アナライターであるということで信ぴょう性は低いのですが、火の無いのないところに煙は立ちませんから、あながち間違っていないのかもしれません。
また、フランスの性生活についても触れているため、滝川さんがコンドームの装着が嫌いだったため、妊娠をした可能性も捨てきれないでしょう。

滝川クリステルは小泉進次郎もびっくりの肉食女子だった?

ここまでの話を整理すると、滝川クリステルさんはものすごく肉食女子だった可能性があり、早く子供が欲しかったということをも芸能関係者の間では有名な話の様です。

「滝クリは早く子どもがほしかったようだが、長年交際していた小澤征悦はクビをタテに振らなかったようだ。それでも、滝クリとしては未来の首相候補との結婚で小澤を見返してやった」(芸能記者)

出典週刊実話

元カレの小澤さんを見返してやりたい!とひそかに思っていた?

小泉進次郎さんは未来の首相候補として名高い人物でありますから、そのファーストレディの座を射留めることができたのも肉食系だったからではないでしょうか?

女の押しに男は弱い

滝川クリステルさんはフランス語に加え、英語と日本語を流暢に操るトライリンガルでありますので、もし仮に小泉進次郎さんが日本の首相になって外交する場面があったとすれば、活躍できそうですし、ファーストレディの座を狙っていたと言われても納得がいきます。

1 2 3