1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

kazooneさん

■共演を重ねてきた有村架純&坂口健太郎が岡田惠和ドラマでタッグ

現在、有村架純と坂口健太郎が共演しているのがWOWOWで放送中の連続ドラマ『そして、生きる』。

岡田惠和が脚本を手がけ、東北と東京を舞台に、過酷な運命のもとで生きる2人の男女と、彼らが出会う人々の人生を描いたヒューマンラブストーリー。

2人は度々共演しており、2016年放送の月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」や映画『ナラタージュ』など。

有村は坂口について「こうして何度もご一緒させていただけることはなかなかないですし、年を重ねていく中でその瞬間を一緒に過ごせるのは貴重な存在」と話す。

坂口は「作品によって役柄は全然違うんですけど、架純ちゃんとお芝居をすることは僕も安心していられる』と話す。

坂口健太郎と有村架純ってお似合いやわ Wドラマ「そして、生きる」

#そして生きる 涙止まらなかったよー来週以降どんな展開になっていくのか楽しみだな!有村架純ちゃんほんと可愛い坂口くんとのコンビ好きだなぁ

やっぱこの2人の空気、好きだ 架純ちゃんに「清隆が坂口くんで良かった」て言われた時の健ちゃんの最高のスマイル☺️ #そして生きる #坂口健太郎 #有村架純 pic.twitter.com/oao6NBdfeq

かわいいいいいい ポーズ取ってる坂口もかわいいいい 架純ちゃんが撮ったであろう写真 是非見たい✨ #そして生きる pic.twitter.com/qciwGLHjAO

■子どもの頃から変わらない池松壮亮&蒼井優コンビで描く究極の愛

池松壮亮と蒼井優が主演とヒロインを務める映画『宮本から君へ』は熱血営業マンの主人公の七転八倒の記録を描いた人気漫画の実写映画化。

映画では、熱血営業マン・宮本浩(池松壮亮)と、ヒロイン・靖子(蒼井優)の究極の試練が描かれ、幸せの絶頂と絶望の淵が描かれている。

出会った頃の池松について蒼井は「ほんとに小っちゃくて、もともとあまり子どもっぽくない子どもだったので、このまま小っちゃくなった感じ」と明かすと、池松は「嫌ですね」と苦笑いしていた。

蒼井優さんと池松壮亮さん 仲良しでいいなあ☺️☺️

「宮本から君へ」 宮本と靖子の気迫、表情が凄まじくて頭にこびりついて離れない。強烈なインパクトを残す作品。池松くんと蒼井さん2人にしかこの役は演じられないんじゃないかと思うほど。宮本、君は本当にすごいや。#宮本から君へ pic.twitter.com/NyzNJkysRh

宮本から君への映画が早く観たくて毎日うずうず。斬に引き続き池松さんと蒼井優ちゃんのコンビ見れるの最高だなぁ。ドラマの宮本と靖子続きをこの2人でやるの凄いだろうなぁ。並んだときの2人の雰囲気もでこっぱち具合もかわいい。 pic.twitter.com/5K80PSyXXj

■まるでオリンピックのような関係?三浦春馬&多部未華子

伊坂幸太郎の同名小説を三浦春馬と多部未華子を迎えて映画化する『アイネクライネナハトムジーク』。

ドイツ語で「小さな夜の音楽」を意味する言葉「アイネクライネナハトムジーク」をタイトルに不器用ながらも愛すべき10年の出会いの連鎖と小さな奇跡を描く。

2010年公開作「君に届け」や2014年に放送されたドラマ「僕のいた時間」でも共演している三浦と多部。

今回の映画で4年ぶり3度目の共演となる三浦と多部は「オリンピックみたいな関係だよね」と笑い合う。

1 2